Wednesday 30 June 2021(ON)

数学とスイッチの操作

担当:奥山

【活動の様子】

ONさんが大好きな数学の続きです。前回は一桁の減法の計算をするためには「分解と合成」の3つの数を頭に入れておけばいいということを学習しました。今日は、二桁の減法です。一の位を見たときに引く数よりも引かれる数の方が大きいことが生じます。それを頭の中で操作するためにはどのように「表現」すればわかりやすいかがポイントになると考えています。

引かれる数(被減数と名前がついていることを今回知りました)が二桁、減数が一桁で、被減数の一の位が減数よりも小さい場合ということです。

二桁の引かれる数を十の位と一の位に分け(手順①)、その十の位の数から引く数を引き(手順②)、その答え(差)に引かれる数の一の位を加えると答えにたどり着きます(手順③)。これをKeynoteの画面に「アニメーション」機能を使ってわかりやすく提示してONさんに納得していただくのが本日のミッションです。ONさんが納得している、していないの判断は彼の目の動きです。

結果はONさんの目がクリクリ動き、むしろ「丁寧すぎ、遅すぎ」(バリエーションの問題が多すぎ)だと非難しているように感じました。感じたことはことばにしてONさんに返しながら確かめていきます。

「早く三桁にいって欲しいってこと?」と尋ねるとONさんの目がクリッと動きました。これが次回の私の宿題です。

次にスイッチの操作。最初に手足を触って動きを確かめました。今日はシンプルタッチスイッチ2(システムデザイン・ラボ)でアクションカメラを設置した回転台を操作して「好きな方を見る」という内容。タッチスイッチと回転台の間には「カチッ」という音と振動のフィードバックを返すモジュールを挟みました。アクションカメラの映像はWi-FiでiPadの画面で見るという道具立てにしました。

タッチスイッチの先端をONさんの左手の指先に設置すると、ONさんの指が頻回に動いて目はiPadの画面をじっと見つめていました。ONさんの見て確かめたいというモチベーションにはまった様子でした。

次は、どうやったら日常的にこのシステムを使って「見たい方を見る」ことができるかということでした。ONさんに「ONさんに使ってもらうカメラは用意してあるよ。もうONって名前を書いておいたよ」と伝えると嬉しそうに笑ってくれました。

回転台は専用に作りました。タッチスイッチとフィードバックのモジュールも持っている。あとはiPadなのですが、GIGAスクール計画で先日配られたiPadは指定のアプリしか入れることができない仕様と判明。オーダーメイドできないことが大きさ制約になっていますが何か解決策を考えましょう。

ONさんがいつも学ぶ機会を作ってくれます。感謝。

Wednesday 9 June 2021(KS)

歴史の学習とスイッチの操作

担当:奥山

【活動の様子】

KSさんは以前の学習で、大名が命じて作らせた庭園について勉強しているときに「大名」ということばに頭をピクッと動かして「興味がある」と伝え、その後の学習でも「大名」という言葉が出てくると同じように伝えてくれたので、KSさんと相談して大名について勉強することに決めたのが昨年度の3学期のことでした。以前の職場の同僚の助言で「上杉鷹山」(米沢藩)を大名に関する勉強の入り口とすることにしました。

今日は久しぶりだったので復習から始めました。iPadのKeynoteの画面を見せながら「なせばなる」の格言を作ったのが上杉鷹山だと説明するとKSさんは頭をピクッと動かして「覚えている」と教えてくれました。KSさんはいろいろなことを正確に記憶していると考えています。今日のような「復習」にあたる場面でそのことがよくわかります。そして今日の上杉鷹山は彼が奨励した産業(漆の栽培の奨励)について「実は奥山も全く知らなかった」という視点で紹介しました。漆というと漆器を思い浮かべますが、実は米沢藩の漆の栽培はろうそくのためだったと皆さんは知っていますか?しかも藤沢周平が「漆の実のみのる国」という上杉鷹山の生涯を描いた小説を書いていたのです。このことは次回の勉強の時にKSさんにお伝えする予定です。

続いてシンプルタッチスイッチの操作の練習。シンプルタッチスイッチは比較的安価で使いやすいスイッチですが、センサーに触れたときにフィードバックの音や触覚がないので、自分が操作した結果が確認しにくいかもしれません。そこで3Vのリレーを使ってカチッという音と触覚を返すためだけの中間部作ってみました。そしてスイッチとKSさんの右手の親指との位置関係をiPadの画面で確認できるようにしました(アクションカメラのWi-Fi機能を使用)。数回わずかに指を動かしてスイッチを操作しました。次にアクションカメラを載せた回転台にスイッチを接続して、スイッチを操作するとカメラの向きが変わることを確かめてもらいました。

本日はここまで。皆さんとの勉強で強く感じることは、お子さんの学びを準備する経過で学ぶことが大きいことと、お子さんの学びからも学ぶことが多いという「倍々の学び」を実感するとともに、お子さんに強い感謝の気持ちを感じています。

 

 

 

Sunday 6 June 2021(SY)

目と手の協応/算数・数学/文字

担当:松本

雨の中でしたがSHJアート&学びサポートセンターに来て頂き、次々に自分から教材に手を伸ばし取り組んでくれました。体調も覚醒も良かったです。

【活動の様子】

目と手の協応

・ボコボコチェーン:最初片手だけで、引き寄せながら何度か引き、途中両手交互の動きも交えて抜ききりました。繰り返しの動きをより引き出すために、すごく長いチェーンバージョンも必要だと思いました。

・ボコボコジャバラ:引いた後に自分でジャバラを縮める練習をしました。持つ位置や力加減など高度な課題ですが所々手を添えて手伝うと自分でできる場面も増えました。良い課題なので今後も取り入れていきたいです。

60mm直径円柱差し:円柱を差す円柱を見ただけで何本入るかすぐに答えてくれました。その後円筒から横一列のはめ板に円柱を移しながら量から数への変換に取り組みました。

30mm直径円柱差し:3個穴一列、4個穴一列、5個穴一列、3個穴面、4個穴面は、提示すると指で数えることなくすぐ答えられました。8穴面を提示すると指で数えて答えてくれました。

・体積パズル:分割なし、2分割、4分割、8分割の積み木を枠の中に色々な入れ方で入れてもらった後に一個いらない問題に取り組みました。中々ピッタリハマらない時も、何回もできない時も、イライラしないで乗り越えて自分だけで解決していました。ご本人にぴったりあった課題だと感じました。次回は体積パズルに加え立体構成課題に取り組む予定です。

算数・数学

数の棒を使い以下の課題に取り組みました。

5までの数:2列の枠をそれぞれの数で使い1の棒が何個入るか自分で入れていきながら確認していきました。本当に5だったと量とと数を実感していました。

5までの数の合成:12を合わせて3214を合わせて5など数の棒で確認していきました。235は数の棒で本当に5なんだと実感できていました。

5を基準とした6から10までの数:各数の枠に5の棒と1の棒で6などを数の棒を枠にはめながら実感していました。

文字

・ひらがな字形要素スライディングブロック:提示すると始点から終点まで次々にメダルを滑らせてくれました。

・立体コピーなぞり:立体コピーを提示すると中々なぞりたい文字が決まりません。何を探しているのかな?と聞くと大好きな友だちの名前だったので探すのを手伝って、指でなぞりました。「な」の丸の部分も上手になぞれていました。立体コピーでは、字形通りなぞれているのですが、紙を上に載せて字形が透ける状態では、なぞるのが困難でした。やはり凸文字での練習は良いことを再確認しました。その後木材マーキング用太めのクレヨンで先程指でなぞった文字を途中手を支えてもらいながら一緒に書きました。「かけた!」と元気な声で伝えてくれました。

その他

・学校プリントで数字を書く時があるが上手く書けない。学習内容に集中するために、答えることと書くことを分けて練習する。代替手段として文字盤や計算機、数字シールで回答して良いのではとお伝えしました。SYくん専用テンキー文字盤を作成しようと思います。

Tuseday 1 June 2021(FKK)

音楽

担当:石橋

■活動の様子

今回は2回目の訪問。暫く間があったので覚えていてくれるかなと思いつつ、まずは始まりのご挨拶を。

前回、iPadの楽器アプリを利用して、ドラムでシンプルな8ビートを鳴らしたら興味を持ってくれた事もあり、年齢的にロックっぽい曲も聴かせたいとの事でしたので、早速リズムの話をしながらチャレンジしてみました。

私がベースドラムを2回、ヘルパーさんがKさんの手を持ってスネアドラムを1回、そして1拍休みという、例のクイーンの「We will rock you」のリズムです。

リズムに合わせて私が歌っても、今回は、あんまりKさんの反応が無い様子でした。

そこで画面を変えて別の楽器を使ってみる事に。

ところが、ストリングス(複数の弦楽器)の音に一瞬わずかに表情を変えたものの、ピアノも、ギターも、お琴にも興味がなさそうな感じでした。

今回は、途中で軽い発作もあり、体調とタイミングが合わなかったのかも知れません。

今度は本物の打楽器に触ってもらい叩き方を説明した後、エイサー太鼓をヘルパーさんと叩いてもらいながら、「5匹のこぶたとチャールストン」を。

続いて、最近91歳で亡くなった絵本作家エリック・カールさんのお話をしたら、ちょうど「はらぺこあおむし」の絵本があるとのことで、それを見ながら、「はらぺこあおむし」の歌をお聴き頂きました。

体調や気温のせいか、前回よりKさんが眠たそうな感じがしたので、静かなバラードを2曲、

「A whole new world」と「when you wish up on a star」を歌ったら、

ヘルパーさんから、両方とも知ってる曲だけど、日本語の曲をとの事で、今回初チャレンジの「パプリカ」をお聴き頂きました。ヘルパーさんが振り付けも知ってるらしく、Kさんの手を持って踊ってくれました。

賑やかな曲でしたが、馴染みのある曲とのことで楽しんで頂けたでしょうか。

Kさんにとって馴染みの曲と言えば、なんといっても嵐の曲。

続いて、嵐の「ハッピネス」を歌い始めたら、突然、隣の部屋からお母様が現れて、ビックリ。ちょっとだけ一緒に歌って、そのままKさんと力強いスキンシップをしてから、お仕事に行かれました。「娘がいやがるから。」と、あえて顔を出さなかったそうなのですが、なかなか複雑なお年頃なのかも知れません。

さてヘルパーさんのリクエストで、ノリの良い曲をとのことで、

「Stand by me」や「You are my sunshine」、それから「ブルースぞうさん」なども歌ってから、

おしまいのご挨拶。

今回のKさんは、だいたい横を向いているか目を閉じていたのですが、最後は正面を見てくれました。

何か言いたそうな感じがしたのですが、残念ながら読み取る事が出来ず、せめてもと、透き通った美しい彼女の手を取って、お礼を言いました。

ヘルパーさんによると、火曜日は「嵐祭」で、ずっと1日中、嵐のCDをかけている「嵐の歌の嵐」だそうです。そう言いながら、CDを聴かせてくださいました。

イントロからカッコいいリズムで、かなり凝ったアレンジの上、超一流のミュージシャンがサポートしている様子。

次回は、嵐の「嵐」をリクエスト頂きました。

これを一人でどう演奏するか難問ですが、Kさんに楽しんで頂けるようにガンバリマ~ス!

 

Thursday 3 Jun 2021(KM)

英語の歌の聞き取り スイッチ操作の相談

担当:奥山

<活動内容>

遅ればせながら中学校入学おめでとうの気持ちを伝えて、近況を報告しました。

KMさんの最近取り組んでいることや興味のあることをおうかがいした後、英語の勉強のやり方について説明しました。候補の4つの曲について説明して、KMさんに選んでもらうことにしました。

選んだのはBTSのDynamite。大きな声を出して教えてくれました。すでに学校の勉強でも最近BTSがアメリカで1位を獲得したButterを聞かせてもらったということで、Butter教材もニーズがあることがわかりました。

KMさんはKeynoteの画面をじっと見て聞き取りに集中している様子でしたが、1番の歌詞が終わる頃に「難しい」と伝えたかった様子で声を出して教えてくれました。最初は難しく感じるけど、何度か聞いているうちにうまく聞き取れるようになるとお伝えしました。

今回、KMさんが今興味を持っているコミック(鬼滅の刃)を読めるようにして欲しいという宿題をいただきました。

スイッチの操作については、棒スイッチやシンプルタッチスイッチ(システムデザインラボ)の操作についてお話ししました。

また、家族がそばについていなくても勉強できる「動画教材」のニーズに関しても教えていただきました。

2時間ずっと集中して取り組んでいました。

Wednesday 26 May 2021 (ON)

体の取り組み、スーパームーンと皆既月食、数学「減法(合成と分解)」、鉄道運転シミュレーション(スイッチ操作)

担当:奥山

<活動内容>

今日はスーパームーンで皆既月食の日。学校の授業でまだ勉強していないと教えてくれたので、スーパームーンと何か、皆既月食とは何かをKeynote教材で説明。今日はYouTubeで皆既月食ライブがあるので、家の中からタブレットを使って見ることができることをお伝えしました。

体の取り組みは「RADWIMPS」の楽曲。前回の続き。大学生が中高生に聞かせたい楽曲としてRADWIMPSを進めた理由の話。

新しい震動スピーカー(EWA A109)は2つ並べてステレオで聞こえることもあって、ONさんはiPadのRADWIMPSのMVに注目して視聴していました。手足を触ると、左手の親指と右足首がよく動いているのがわかります。

数学は前回の続きで減法の仕組みについて。加法も減法も3つの数の組み合わせ(例えば8と5と3のような)を知っていると計算が楽しくなることを、前回と違う図で(改良して)Keynoteの画面に示して示すと、どんどん見せて欲しいと目を動かして教えてくれました。3つの数の組み合わせには自信がある様子なので、次回は減法の式に取り組むことを約束しました。

次に、英語とスイッチで鉄道運転シミュレーションとその他の3つから選んでもらうと、早くスイッチを用意して欲しいと目を動かして催促。

今日は左手の親指にタッチセンサースイッチを程よい間隔で設置するために、微動雲台にスイッチを載せて微調整して、その様子をONさんにiPadの画面で見ていただきました。すると親指のよく動くこと。普段は姿勢の関係で自分の手指を直接見ることが難しいのですが、カメラで様子を捉えてiPadの画面で確認することは考えている以上に当事者のお子さんにとってはわかりやすかったり調整しやすいのではないかと考えています。今までで一番的確に動きを調整されていたように感じます。運転シミュレーションの結果としても二駅定位置に止めることができたという快挙を成し遂げて本日の学びを終了しました。

 

Sunday 23 May2021(FK)

目と手の協応/算数/文字

担当:松本

覚醒はよく、痰も少なく最初から最後まで集中して取り組んでくれました。
学習が終わるとすぐに目を閉じ休んでいました。お母さまから、終わってすぐ寝ることはないので集中して頭を使っていたことがよくわかったとコメントをいただきました。
■目と手の協応
iPadが画面にアクションカメラで撮った手元の映像を映すとずっと画面に注目して課題に取り組んでくれました。
・ボコボコタッパー:手首をひねり最後のひと抜きをしてくれました。
・ボコボコチェーンミニ:準備している段階からよく手が動き何回か引き抜いてくれました。


■算数
・円柱差し6cm直径:最初に筒に一緒に入れ1個の高さ、2個の高さ、3個の高さを確認した後に一列の円柱差しに円柱を移していき
 ました。高さという量と数を対応させていきました。時折声を出して納得している様子でした。
・円柱差し3cm直径:パッと見いくつ穴があるか?円柱を指していきながら残りいくつあるか?の質問をしながら進めていきました。
 1個?2個?3個?と聞いていき、まばたきや声などの合図を読み取っていきました。正解と違うところは手で一緒に穴を触りながら数
 えていきました。円柱差しは、穴に円柱をセットした状態で握ってもらい、手を離すことで円柱が穴に入るように支援しました。カチ
 ッと入れている実感があるようで入ったことを何回か声で知らせてくれました


・数の棒:2の枠や3の枠を使って1+1、2+1など足し算をiPadのスライドと数の棒で実感しながら学んでいきました。手も動かして棒をはめる場面もありました。説明も真剣に聞いている様子でした。数の棒の学習と円柱差しの学習をつなぐ補完教材の必要性をお母さまと話しました。数字の文字なぞりや、円柱差しとの関連、あれも2、これも2というような数量量概念の定着をはかるような学習スライドも作成することをお約束しました。
■文字
・いつものように、どの行を練習するか選択版でたずねていくと、「さ行」で瞬きで合図を送ってくれたので「さ」から順番に立体コピーで作った凸文字をなぞっていきました。時々伝わる指の動きもよかったです。本日練習した中で一文字私の掌に書いてもらいました、「せ」か「さ」だと思ったのでどちらから凸文字を提示しながら聞くとどうも「せ」らしかったですがなぜ「せ」を伝えたかったかまでは残念ながら今回は読み取れませんでした。

Saturday 22 May2021(OK)

目と手の協応/算数

担当:松本

■目と手の協応

持参した高さの調整できるカットアウトテーブルで操作しやすい姿勢を作り始めました。

・ボコボコチェーン:いつも通り左右の手を交互に出して引き抜ききっていました。

・ボコボコチェーンミニ:グリップの方を左手にセットすると右手で輪をつかみ抜き切っていました。

・ボコボコレバー:上下左右とも始点から終点まで、レバーを離さず動かしていました。

・細い筒抜き:テーブルの様々な位置に置いてどの位置でも滑らかに真上に引き抜いてくれました。

・ボコボコ筒抜き差し:差すことも自分でできていました。筒が操作するのにちょうど良い大きさでした。

・円柱差し:ぱっと見いくつ?残りの穴いくつ?と質問しながら円柱を入れて行きました。質問には全て正解していました。円柱は小指と人差し指で握れるように渡すと手首を動かしながら自分で穴に入るように調整して入れて行きました。手首の動きが滑らかでよく操作できていました。

■算数

・13-7:iPadを使いKeynoteのスライドを見ながら数の棒を用いて確認していきました。13を10と3に分けて10-7を先にして残りの3とたすという、引き算なのに足し算が出てきて混乱するのではとの心配がありましたがその場では計算の仕方を理解し納得しているようでした。

・10までいくつ?:繰り上がりの計算のウォーミングアップとして数の棒を用いて確認していきました。計算式との関連をわかりやすいスライドで提示する必要があると感じましたので7+3=10,10-3=7など10の合成分解に特化し、数の棒と連動した新しいスライドを作成する予定です。

・10までの数の引き算・足し算総復習:数の棒でパターンごとに確認していきました。特に7−4のパターンが混乱するようでした。数の棒を使うと納得してくれるので今後は、フラッシュカードなどで定着を図ると良いとお話ししました。5の合成分解、10の合成分解は、数の棒でウォーミングアップして、フラッシュカードで確認。躓いたら数の棒で確認というスタイルで家庭学習を進めていけるようにお話ししました。支援者用にフラッシュカードの後ろに躓いた時の説明の仕方も印字しようと思います。

 

Wednesday 28 April 20121 (ON)

体の取り組み、数学「数直線」「減法」、鉄道運転シミュレーション(スイッチ操作)

担当:奥山

<活動内容>

体の取り組みは「RADWIMPS」の楽曲で。iPadの画面と新しいステレオの振動スピーカーでMVをじっくりと視聴していました。

以前のやりとりでONさんが数学が好きで自信があることを聞き取って以来、本格的に数学に取り組みました。

昨年度は加法の計算に取り組みました。繰り上がりの計算や3つの数の計算に取り組んで、今回は減法の紹介。

最初に、加法の計算と数直線上の矢印の動きをiPad上で確認して、今回数直線を紹介した理由を説明。そして3つの数の組み合わせ(例えば6と3と3のような)のバリエーションを紹介して、この組み合わせを覚えていると、計算するのではなく、組み合わせを思い出せばよいことをiPadで示しながら勉強を進めました。

今回もものすごい集中力でした。

次に、英語の学習、スイッチで鉄道運転シミュレーション、スイッチでサッカーのシュート、それ以外の4つの選択肢から取り組みたいメニューを選んでもらいました。

うーん、どれもやりたいけど、大好きな鉄道運転シミュレーションだ(奥山はONさんの鉄道好きに応えて「鉄道」の教材を作っているうちに、結構詳しくなってしまいました。この日ONさんのお宅に行く時にも、「京王線、久しぶりの馬車軌間」と思いながら電車に乗りました)。

鉄道運転シミュレーションで使っているのは、SENSIMという無料アプリです。完成度が高いだけではなく、ユーザーが参加して運転できる路線が増えていくのが魅力です。そして最近登場したのが京王線。

マスコンのアクセルは「シンプルタッチスイッチ2」を手の親指でBluetoothボックス経由のiPadのスイッチコントロールのレシピ(カスタムゼスチャー)で操作して、ブレーキはPPSスイッチのピエゾセンサーを足の甲に貼り付けて、iPadタッチャー経由で操作できるように設定。

ONさんは時間いっぱいまで電車のアクセルとブレーキを操作しながらiPadの画面をじっくり見つめていました。

次回は減法の続きをお届けする約束をして終わりました。

Saturday 1 May2021(FKK)

美術

担当:三輪

SHJ学びサポート初のzoomでつないでオンライン活動でした

<活動内容>

事前に画材(画用紙、折り紙、型紙など)道具類(クレヨン、スティックのり、ボンド)を郵送、はじめに送ったものの確認しました。

・その1-大野くん塗り絵、画用紙の大野くんに絵の具で色を塗る、三色の絵の具から選んでもらう、大野くんカラーの青からスポンジにつけて画用紙に塗る、次に黄色、最後に赤で塗る、折り紙を選ぶ、何度か目の前に示して、お母さんが指で確認、結局黄色のチェックの折り紙を選びました。お母さんと一緒にくしゃくしゃに丸めてちぎる作業をする、ちぎった紙を画面に貼る、作業後、ブレイクとして嵐のyoutubeを一緒に見る、こちらの音量コントロールがうまくいかず聞き取りにくかったようでした。

・その2-それぞれの嵐のメンバーの絵が描いてある小さい折り紙に色を塗る、Fさんはそれぞれのメンバーに思い入れがあって、お母さんに反応しながらやりとり。五人分塗って、貼り合わせて紙風船を作る、ひもと鈴をつける、目の前で音をならして確認して眺める。
おしまいの挨拶をして、画面のむこうで手をあげる様子が印象的でした。

Fさんの見やすい環境、作業しやすい姿勢についてお話しがありました。今日のような作業は座っていたほうが本人がやりやすかったのかも知れません。オンラインの場合の本人と画面の位置、どの端末にするか相談しながら進めていけたらとのことでした。

引き続き、目で見て、好きなものを選ぶこと、手指を動かして感触を感じる体験を重ねていきたいと思います。今回は目の前の作品に反応し、作業を楽しむ様子が感じられたように感じました。画面越しでしたが定点でFさんの表情をみることができてよかったです。次回はリアルにお会いしての活動にしたいです。