Thursday 1 1 September 2018

「美術」 担当:真鍋麻里

口に入れても害のない、小麦や、お米の粘土でドーナツを作りました。
ドーナツの穴に指を入れてくれたり、興味を持ってくれてよかったです。

Processed with MOLDIV

(学びサポート Oさん)

Saturday 29 September 2018

「目と手の協応/数量概念/算数/」 
担当:松本健太郎

前回の反省を生かし、目と手の協応教材にたっぷり取り組みんでから算数の学習に入りました。今回は、文字盤を左側に置いてたら、以前よりポインティングしやすそうでした。今までの積み重ねで、感覚的に捉えられるようになった数が増えてきました。とにかく、集中力がすごい。毎回圧倒されます。

(学びサポート Oくん)

Sunday 30 September 2018

「視線入力」 担当:松本健太郎

眼科のアドバイスにより、片目ずつ隠して練習することにしました。両眼→右眼→左眼→両眼の順番で2分割射的ゲームを行ったところ、最後の両眼のほうが明らかに、早くクリアーすることが出来ました。今後も継続してこの方法を練習に取り入れて行きたいです。
 そして、サプライズが。
何と、Mくんの通所施設の初給料で購入したプレゼントをいただきました。お金を下ろすのも郵便局にお母さんと行き、プレゼントのハンカチ選びも自分の主張を断固通したとのことでした。ただただ感動しました。Mくん、お母様本当にありがとうございました。

(学びサポート Mくん)

Saturday 29 September 2018

「視線入力/スイッチ操作」 担当:松本健太郎

 視線入力装置を購入していただき、導入後も順調に練習していました。お母様が丁寧にその様子を記録してくれていました。素晴らしい!その成果か、以前より広範囲に視線が動くようになっていました。
 以前にお母様が購入していたPPSスイッチも、まぶた上方に貼り試しました。振動するクッションと音の鳴るオモチャにつないで、操作練習をしました。まぶたの上に着けて、感度を調整。強い瞬きだとスイッチが入ることを説明すると、オンオフ操作できる場面がありました。K君と一緒に練習しながら、私のスイッチ設置の経験値をこれから上げて行きます。

(学びサポート Kくん)

Sunday 30 September 2018

「視線入力/目と手の協応/文字」 担当:松本健太郎

 初めて、23インチの画面で行ったところ、すぐに視線が捉えられ、しかも広範囲に軌跡が見られました。声も出て、ずっと笑顔で取り組んでいたので以前より楽に視線入力できている様子でした。
 以前に納品した道具が、通所施設で大活躍しているとのことでした。職員の方々もそれに刺激をうけ自分たちでも自作しているようです。しかも、工夫が楽しいようです。素晴らしい!

(学びサポート Fくん)