Saturday 19 January 2019

「書初め/目と手の協応」 
担当:松本健太郎

書初めで「一」と「い」を書きました。まず右手を支えながら墨をすり、ただの水と墨をすった後両方とも半紙に書いて、本当に色が濃くなったことを確認しました。書く前には、凸文字を右手の人差し指でなぞりました。指に力がぐっと入って自分からなぞろうとしていることが伝わってきました。前日に作成した太い握りとヘアゴムで指に固定できる筆も持て、書いている間は手から外れることはなかったです。
 文字枠を使い「一」を書いた時に、徐々に介助を減らしていっても自分だけで、横にすっと筆を運ぶ場面がありました。始点でずっと溜めてから、筆を運ぶことが多かったです。「い」の方が、下に引っ張られる重力の手がかりがあるので、やはり描きやすそうでした。自分だけの動きで書ける時がたくさんありました。すばらしい!

(学びサポート FKくん)

Saturday 19 January 2019

「書初め/目と手の協応」 
担当:松本健太郎

 書見台の角度を高めにして、まず書く文字をなぞりました。立体コピーでなぞり慣れているので手を支えると自分の手の動きでなぞることができました。書くときは書見台を低い角度で設定しました。
 「一」を書く時には、途中で支える手を離して、見守るとスーーっと左から右に筆を運べる場面がありました。動きとしては下に行く重力の手がかりがあるので、やはり、「い」の方が書きやすかったです。筆を持つと力が入り、すごくやる気になっていました。落款は前日に作った専用の握りを試しました。手で支えながら本人の力が入ったら一緒に紙へ下ろし、その後支える手を離すと、しばらくして左か右に手を振り、紙から落款を一人で離すことができました。

(学びサポート MMくん)

Saturday 12 January 2019

「視線入力/スイッチ操作」 担当:松本健太郎

体調はとてもよかったです。お母さんが視線入力の普段の記録を丁寧にとっていてくれていました。視線が画面いっぱいに広がった時の写真もいただきました。
視線入力では風船割りに好きなキャラクター画像が標的に出るようしました。視線は、いつものように画面左に集中していました。射的にも好きなキャラクターを導入。9分割に設定すると、左下から中央に向けて的を落としていきました。この辺りに見せたいものを提示すれば見やすいはずです。また、この範囲で2択のものを提示すれば視線選択できる可能性があると感じました。
スイッチ操作は、左目尻にPPSスイッチ
(https://www.p-supply.co.jp/products/index.php?act=detail&pid=196)をテープで固定。iPadを操作しYoutube動画を早送りで選択していきました。
PPSのベストな固定位置を探すのにまだまだ時間がかかります。ただ、まばたきが、とても意図的だということは、私もお母様も実感できました。可能性が広がります。

(学びサポート Kくん)

Saturday 12 January 2019

目と手の協応/平面構成/数量概念/算数」 
担当:松本健太郎

 とても機嫌も、意欲も、手の動きも良く、次々に課題に取り組めました。
平面構成課題(正方形枠のパズル)では、じっくり3分かけて最後まで自分で取り組みました。イライラすることなく試行錯誤を繰り返す姿にお母様も感動されていました。完成後思わずピースのポーズ。斜めのパーツもぐるぐる回転させながら自分だけでじっくり完成させました。

(学びサポート Oくん)

Thursday 10 January 2019

「美術」 担当:真鍋麻里

今日は、元気に起きていてくれました。
大きなアクリル板に森を描こうと、机にのせて描きました。
どうやったら一緒に色つけ出来るのか試行錯誤が続きます。

(学びサポート Oさん)

Saturday 22 December 2018

「視線入力/目と手の協応/文字学習」 
担当:松本健太郎

・体調が優れず覚醒も悪かったので、視線入力は難しかったです。目と手の協応の課題をしても手がなかなか動かなかったのですが、文字なぞりは、声も出てきて手の動きも良くなっていました。文字学習を最初からやりたかったのかもしれないです。
・前回紹介した見るシステム(*)を実際に宿泊行事で使用したところ、窓の外の風景も確認できて、とても有効だったとお母様から報告がありました。施設でも安価に揃えられるシステムなので購入を検討しているそうでです。 

*前回、通所施設の旅行でサファリパークに行くため、車椅子からの姿勢では見にくい、窓の外の景色(動物たち)をみるために、Fireタブレットと有線カメラを使った見るシステムを試してもらうことにしていました。

(学びサポート FKくん)

Saturday 22 December 2018

視線入力/目と手の協応/文字学習」 
担当:松本健太郎

痰が多く、呼吸が辛い状態だったので視線入力まで車椅子で取り組み、その後、うつ伏せで排痰しました。呼吸が楽になったところで、うつ伏せのままスライディングブロックと立体コピーで文字なぞりの学習を行いました。うつ伏せ姿勢でも右手がよく動き、課題に取り組むことができました。

(学びサポート MMくん)

Thursday 13 December 2018

「美術」 担当:真鍋麻里

 前回取り組んだアクリル板に葉っぱをつけたり、クリスマスデコレーションをしました。
透明のビニール傘にも絵を描きました。
次回、色を塗ろうと思っています^^

(学びサポート Oさん)

Saturday 8 December 2018

目と手の協応/数量概念/算数/アルファベット」 
担当:松本健太郎

 今回は5、6、7の合成分解を数の棒を使いながら丁寧に取り組みました。翌日、お母様から「学校宿題に ちょうど 5.6.の足し引き計算が出て スイスイっと答えていました! 」とメールを頂きました。
 アルファベットの小文字でrhnm,uv,db,を混同するというので、キーボード表示は基本的に大文字なので大丈夫と伝えました(大文字は弁別できる)。小文字の練習は、立体コピーを使いrnhに取り組みました。最後の確認時には、提示された文字を文字盤でポインティングできるようになっていました。すばらしい!

(学びサポート Oくん)

Saturday 8 December 2018

「視線入力/スイッチ操作」 担当:松本健太郎

視線入力は「風割り」ソフトを行いました。ランダムに風船が出てくる設定で覚醒を促して、その後一つ一つ風船が出てくる設定でじっくり取り組みました。同じ取り組みが、普段からできるように、ご自宅のパソコンのソフトをアップデートも行いました。よく見る右側の画面を隠して行うと、左側にも少し盛り上がるような形で視線が向きました。
お母様が風船を他の写真にするとよく見るかもしれないとのことで次回まで設定して行きたいです。
 ピエゾスイッチの操作は、お母様がご本人のまぶたの上に貼ってくれ、感度を調整すれば、瞬きをする動きでな
んとか操作できそうでした。ビックマックを使って「お帰りなさい」と家族に伝えたり、iPadの音楽アプリの先送りボタンと連動させ曲の選択を試しました。動画も同じように、送りながら選べるアプリがあると良いです。お母様が家に来てもらえれば、日常でどのように支援機器を活かせるかみてもらえるのですごく助かるとのこと。
 最後に何気なく、マグネフを右手に下から当てたら、全く動かなかった右手がぐうっと引くような動きをしました。その後、押し出すような動きも出ました。やはり連続的に自分の動きをフィードバックしてくれる環境があると外界への探索が促されるようです。今回は、右下横向きで体幹も頭も肘も固定されていたため、それらを支える負担も少なく、手が動かせたのかもしれない。
この動きを生かすような、スイッチの作成を始めます。



(学びサポート Kくん)