Friday 1 June 2018

「美術」 担当:真鍋麻里

初めての訪問でした。人魚の塗り絵と貼り絵を行いました。何に興味を持ってくれるのか、何なら出来るのか、まだまだ暗中模索ですが、塗っている所を見ててもらいました。機嫌よく、講師のそばにずっといてくれたので仲良くなれたと思い安心しました。
好きな事、出来る事が1つでも増えるように、お手伝い出来たらいいなと思っています。

(学びサポート Oさん)

Saturday 26 May 2018

「目と手の協応/文字/視線入力」 担当:松本健太郎

学校を卒業してから初めての再会でしたが、体調も落ち着いていて、集中して取り組めました。在学中に苦しんでいた股関節の痛みもほとんどなくなり以前は難しかった車いす座位で学習することができました。手もよく動いて、教材を学校時代と同様に操作していました。視線入力も前回取り組んだ時から時間が空いていましたが、視線をすぐにとらえることができました。文字の学習時の手の動きも、明らかにご本人が行っているところを何回も、保護者の方と確認できました。この時間帯は、覚醒が良く学習には最適であることも分かりました。本人の負担なく、ご家庭で学習できることのメリットは大きいと感じました。進路先でのご様子もお母様から詳しく聞くことができました。生活介護で通所していますが、職員さんがMさんも仕事ができるように道具を工夫してくださっています。医療的ケアのあるMさんにとって新施設で生活介護事業の経験がないという受け入れ態勢で不安もありましたが、看護師さんも一人必ず付き添ってくれるなど、施設側が柔軟に対応してくださっている様子がよくわかり安心しました。実力を最大限に発揮出来る環境整備について教員が把握し、それを確実に進路先でも行ってもらうことの重要性を再確認しました。

(学びサポート Mくん)

Saturday 26 May 2018

「目と手の協応/視線入力」 担当:松本健太郎

 視線入力装置の視線は苦労せずに捉えることができました。軌跡も最初は右側がだけでしたが、回数を重ねるにつれて画面全体に確認できました。同時に、力が抜けてリラックスした様子で取り組んでいました。自分でできる環境が用意されると緊張が強い方でも、緊張が緩和されることがよくあります。
「様々なスイッチを試したが、うまく操作できるものが見つからなかった。視線入力は以前試したことがあり、唯一楽しめたものだった」(お母様談)。
本日の視線入力を試すことができ、本人も楽しめることがわかり、家でもできる環境を整えたいと要望がありました。

(学びサポート Kくん)

Saturday 26 May 2018

「目と手の協応/文字/視線入力」 担当:松本健太郎

 学校を卒業してから初めての再会でしたが、体調も落ち着いていて、学習に集中して取り組めました。手もよく動いて、教材を学校時代と同様に操作してくれました。視線入力も時間が空いていたため、初めは視線をとるのに苦労しましたが、リクライニングし、首を安定させるポジションで行ったところ画面の広範囲に視線の軌跡を確認することができました。
 進路先でのご様子をお母様から詳しく聞くことができました。生活介護で通所しているが、職員さんがFくんも仕事ができるように道具を工夫してくださっていること、就労Bの利用者の方々も、Fくんが仕事をしていると励ましに来てくれることなどお話ししてくれました。

(学びサポート Fくん)

Saturday26 May 2018

「目と手の協応/数量概念/算数」 担当:松本健太郎

前回から2ヶ月近く空いていましたが、以前学習した内容が定着しており、現在の教材を使った学び方が、ご本人にあっていることが分かりました。算数の学習中、10の合成分解のところで、ご本人の笑いが止まらなくなる場面がありました。他のお子さんでも、納得する、合点がいくなど深く内容を理解し、概念が獲得された時に同じような現象が起こることがありました。

(学びサポート Oくん)

Saturday 19 May 2018

「プログラミング学習」 担当:谷口幸路

ゲーム開発ツールUnityの入門としてチュートリアルに沿ってUnityの使い方を学びました。

UnityはポケモンGOなど著名ゲームの開発にも使われている本格的なゲーム開発ツールで、Hくんも「使い方は難しいけど、ちゃんとしたものを作れそう」と手応えを感じているようでした。 チュートリアルはかなりボリュームがあってとても1時間では終わりませんでしたが「次回までに自分で進めておこうかな」と 伝えてくれました。

今後もHくんの気持ちややりたいことに寄り添うことを忘れずに、楽しんで自分から学習が進められるように支援していきたいです。

(学びサポート Hくん)