Smiling Hospital Japan:スマイリングホスピタルジャパンは闘病中の子どもたちに本物のアートを届けます。

現在位置:ホーム > スマイリングホスピタルジャパン(SHJ)について

ここから本文

スマイリングホスピタルジャパン(SHJ)について

スマイリングホスピタルジャパン(SHJ)とは

病気の子どもたちにわくわくする時間を!

2012年5月に神奈川県立こども医療センターへの訪問を開始したスマイリングホスピタルジャパンは、2012年12月に法人設立し、その後たくさんの支援をいただきながら、その活動を広げています。
入院、施設入所児・者と芸術活動を共有するために、SHJ登録のプロのアーティストボランティアが定期的に個室およびプレイルームを訪問しています。
辛い治療や長期の活動制限によるストレスを取り除き、子どもたちが、ふさぎがちな気持ちを少しでも明るく前向きにし、闘病意欲を持ち続けられるよう楽しい活動を続けています。音楽、美術、マジック等の活動に参加しながら、子どもたちが達成感や自信を取り戻し、回復に向けての活力を得ることを目標にしています。
退院後、在宅を余儀なくされている子どもの訪問も視野に入れながら活動の場を増やしていきます。

スマイリングホスピタルジャパンの活動:マジック他

大好きな時間お腹が痛くなるくらい笑っちゃうけど心配しないでね

アーティストボランティアとアシスタントボランティアが病院を定期的に訪問し、小児病棟、内科系、外科系、骨髄移植・化学療法、救急、児童思春期精神科のそれぞれの病棟と重症心身障害児施設、肢体不自由児施設のプレイルームとベッドサイド、在宅にて活動しています。小児病院での経験を持つ、マジシャン、ピアニスト・声楽家、童謡歌手、シンガーソングライター、音楽教師、クラフト制作家、イラストレーター、大道芸人、バルーンアーティスト、版画家、ダンサー、絵本作家などのプロの芸術家がSHJアーティストとして登録し、子ども達と楽しい時間を共有しています。

このページの先頭へ

SHJの理念

〜“Happiness Helps Healing”〜

外来患者などまとまった人数の患者を対象に、病院のホールで音楽や演劇などの会が催されている傍ら、治療や病状不良のために行事に参加できない子どもたちも多いのが現状です。このような極端に行動が制限された子どもたちには、病室にいながらも参加できるわくわくするような活動が必要です。そしてそれが、一度きりで終わらない、見通しを持って楽しみにできる定期的な活動であれば、闘病に対する活力を得ることができると考えます。

〜“Laughter is the best medicine”〜

スマイリングホスピタルジャパンの活動:歌を歌っています。

笑いは一番の薬。「楽しい」と感じる経験をたくさん持つことで活力が引き出され、闘病に前向きになり、治癒力が高まると私たちは信じています。
この理念にのっとり、私たちは以下のような独自の方針のもと、活動しています。

このページの先頭へ

SHJの事業内容

理念に基づき、以下の事業を行っています。

1 病棟や個室を訪問する事業

2 在宅児・者を訪問する事業

3 病院や施設のホール等で芸術鑑賞などの会を開く事業

4 普及啓発及び情報発信事業

5 その他目的を達成するために必要な事業

このページの先頭へ

SHJの活動方針

スマイリングホスピタルジャパンの活動:マジック

個別訪問
一人ひとりを大切に。
参加型活動
受身ではなく子ども自身が主体的に。
定期訪問
見通しを持って活動を楽しみにできるように。
本物のアート
質の高いクリエイティブな活動を。

アーティストボランティアは全員が何らかの形で子どものケアに携わった経験を持ち、そのほとんどが病児と関わり、病気の子どもの心理をよく理解し、個々の状態に合わせて適切に対応することができます。感染等に対する十分な意識を持った上で、入棟が困難なハイリスク病棟の子どもたちを訪問します。制限の多い環境ではなかなか体験できない本物のアートを楽しむ機会を提供します。

このページの先頭へ

設立の背景

スマイリングホスピタルジャパンの活動の模様

化学療法や移植などのために長期の入院を余儀なくされている多くの子どもたちが、感染予防のために友達との面会も許されず、じっと辛い治療に耐えているという現状があります。多くの病院では、闘病生活を送る患者の癒しを目的に音楽会や演劇の会を催しています。しかし、治療や病状不良のために病室から出られず、催しに参加できない子どもたちは、楽しむ機会までも制限されています。
このような生活環境が極端に制限されている子どもたちのためには、病棟や病室にいながら楽しめる活動が必要です。苦痛を伴う単調で退屈な生活を、元気な子どもが当たり前に過ごす生活に少しでも近づけるために、笑顔になれる楽しい時間をたくさん届けたいと考えました。

このページの先頭へ

設立代表者からのごあいさつ

スマイリングホスピタルジャパン代表 松本惠里

スマイリングホスピタルジャパン
代表 松本 惠里

“Happiness Helps Healing” 「楽しむことは治癒を助ける」 これは私たちスマイリング ホスピタル ジャパンの理念です。 お腹を抱えて笑ったり、目の前の不思議にびっくりしたり。みんなと一緒に歌ったり作ったり、自分だけの作品ができて満足したり。今までやったこともなかった手品や楽器演奏ができるようになったり、そんな活動を楽しみにウキウキしたり。このようなワクワクする時間を、辛い闘病生活を強いられている子どもたちに繰り返し提供できたら、子どもたちは活力を得て、治癒への大きな力になるはず!

これは院内学級教員として過ごした7年間を通して、日々感じてきたことです。ベッドにいなければならないからと、子どもが楽しみを諦めることはあってはならない。「横になっていたって、見えるよ、できるよ、聞こえるよ、うんと楽しみたい!」そんな心の声が聞こえます。だから、私たちが押しかけてしまおう、と始めたのがスマイリングホスピタルの活動です。

このようなスマイリングホスピタルジャパンの趣旨をご理解くださり、私どもの活動を受け入れてくださった病院に心からお礼を申し上げます。また、私どもの願いに共感し子どもたちを笑顔にしてくださっているアーティストボランティアの皆さまに、大変感謝しております。

スマイリングホスピタルジャパンの活動:絵を描きました。

スマイリング ホスピタル ファンデーションは、2004年にハンガリーの弁護士、アルバート・ロイヤーズ氏により設立されました。彼は治療を受ける子どもたちに笑顔をと願い、ホスピタルクラウンとして小児病院への訪問を始めました。その後さまざまな分野のアーティストと一緒に、病棟の一人ひとりを訪問することに情熱を注ぐようになりました。私が彼と同じチェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)の職員であった縁で、スマイリングホスピタルジャパンの設立代表となり、現在に至っていますが、同じ思いを抱いているがゆえ、出会うべくして出会ったことを強く感じずにはいられません。

繰り返しを大切にとはいえ、一期一会の出会いもあります。その一瞬の共有が、その子にとってのちの人生のどこかで力になる一粒の種になれたらという願いを込めて、一回一回の活動を大切にしています。私たち大人は子どもを支援しているつもりでも、こちらが勇気づけられ大切なことを教えられている場合がほとんどです。子どもの素晴らしさの前で非力さを肝に命じながらも、夢中になれる時間の共有と心の交流を目指しています。痛くて我慢ばかりの生活の中、活動中にはキラキラと輝く笑顔がたくさんあります。我が子が屈託なく笑う様子を見て、明るさを取り戻すお母様もいます。

入院児が前向きに闘病生活を克服していくための活力のもとになれるようにと切に願いながら、この活動をさらに広める必要性を強く感じております。

ホームページにアクセスしていただき感謝するとともに、SHJの活動により深いご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

教育ジャーナルインタビュー記事
スマイリングホスピタルを始めた経緯や活動に対する思いが詳しく書かれていますので、ご興味がありましたら是非お読みください。

このページの先頭へ

スマイリングホスピタルハンガリー代表 来日時のご挨拶

スマイリングホスピタルハンガリー代表 アルバート

スマイリングホスピタルハンガリー
代表 アルバート・ロイヤーズ

Good Afternoon everyone.

It is with much appreciation that I introduce our brainchild, the Smiling Hospital Foundation to you all. It was in 2000, that I met with Hungarian-born Countess Eva Csaky Bornemisza, who used to work in London together with Princess Diana for the poor and the sick for many years. Countess Eva and myself - a retired lawyer and banker from Holland - established in 2004 the Smiling Hospital Foundation in Budapest, Hungary in order to help sick children in hospitals with a focus on calming their souls. And since then we have often heard from parents and doctors alike that treatment of the soul is equally important as the treatment of the body. How are we treating the soul? By regular entertainment programs for the children in hospitals with the aim to let them forget their unpleasant situation and to lift up their spirits. Our tools are the various forms of art. Musicians, magicians, doll-players, story-tellers and other artists go to the children wards of a hospital and visit the children -room by room and from bed to bed.

We have seen during these last ten years so many examples of the importance of the work we do. We all know quite well that a calm soul and positive attitude could only contribute towards the recovery of the patient. But there is not yet any clear scientific proof of such a statement. However, I am proud to say that our Smiling Hospital Foundation has also started to make a first effort to show scientifically the importance of the treatment of the soul. There is a young doctor in Hungary by the name of Dr Andras Beres, who took blood samples in a non-painful way through branules from sick children on an Infectology Ward, 30 minutes prior to, and 1 hour after a visit by Smiling Hospital Foundation artists. From twenty-four children the number of lymphocyte cells of 13 children were substantially higher. This research is only a beginning, but it has been published in the website of the renowned Hungarian Medical Association. We are well aware that the research has to cover thousands of children to give it the status of scientific proof and that will take a many more years.

Why did we start the Smiling Hospital Foundation? It was a personal experience in Singapore. I lived there for 17 years and in the first year we had a most difficult experience when my son of not yet one year was very ill and sent to hospital. He had diabetes mellitus and for several months was hanging between life and death. That was a time that everything around him in the hospital was sad and without any effort to lift up his soul. When he made it and came home, we were then able to make him happy with words, actions, color in his surroundings and a show of care and love. That was a big difference: the situation in the hospital versus the situation at home. Of course, that was in the old days and much has improved. But even nowadays, there is clearly not time enough for doctors and nurses in hospitals to focus on the soul of the young patients and that is why the Smiling Hospital Foundation has been founded.

In Hungary we already cover 23 hospitals. Many of these our artists visit on a daily basis. Always beautiful stories to hear. Several times already we heard from artists the wish of a child not to go home yet, because the Smiling Hospital artists would be coming the next day.

About five years ago, we were invited by the sister of the queen of Spain to visit Madrid and to discuss a cooperation with her own Foundation for "smiling activities" in Spain. That was the start of going international. We began "smiling hospital activities" in seven other countries: India, China, Singapore, Indonesia, Croatia, Slovakia and last year in Japan. In two countries we have founded separate foundations, namely in India and Japan. In order to guide the activities abroad and to help the local management with organization and funding, we established this year in Budapest the Smiling Hospital International Foundation.

How did we come to Japan? It was my friend, Mr Alessio Tuccillo, the Treasurer of Fiat Japan, who sent me a note on March 11, 2011 if we would be interested to start "smiling hospital activities" in Japan. Fiat in Hungary had good experiences with our Foundation in Hungary and apparently Mr Tuccillo wondered if we could develop a similar good relationship in Japan. I answered to be very enthusiastic and began to make my own inquiries how to make a start in Japan. In fact, we have been very fortunate to find the right persons to lead the newly established Smiling Hospital Japan Foundation. First, my good friend, Hans van den Houten, President of the Board of Trustees of the Smiling Hospital International Foundation, asked his friend, Mr Seiichi Takahashi, for advise whom to invite to become our Coordinator in Japan. Mr Takahashi approached Mrs Ellie Matsumoto, whom he had known for a long time. Mrs Matsumoto has much experience with the education of children in hospitals and readily agreed to support us. We feel very fortunate to have Mrs Matsumoto managing the Smiling Hospital Japan Foundation. We are already active in two hospitals in Japan: Kanagawa Children's Medical Center and Hiroo Japanese Red Cross Medical Center.

Now we are in a stage that hospitals in Japan are coming to us with the request to visit their children in the ward. This we could do if we have more artists and would be able to expand our management capabilities. Artists with skills and loving children are not difficult to find in Japan; also we could find easily good office managers and bookkeepers in Tokyo. The question is only: how to raise the small amounts to finance the costs of such expansion. That is why I am now in Japan. Together with Mrs Matsumoto we have meetings with corporations and much hope that these meetings will result in the end in more smiles on the faces of more children in more hospitals.

I thank you for your attention and hope to have an opportunity to meet with some of you.

このページの先頭へ

団体概要

SHJ概要

名称
特定非営利活動法人スマイリング ホスピタル ジャパン
所在地
〒168-0072
東京都杉並区高井戸東三丁目3番15-308号 ライフパティオ浜田山
活動目的
主に長期入院児や治療のためにベッドから出られない子どもへ、楽しい時間と笑いあふれる活動を提供することで、辛い治療、長期の活動制限、生活経験の不足によるストレスや不満を少しでも取り除き、子どもたちがふさぎがちな気持ちを少しでも明るく前向きにし、闘病意欲を持ち続けられるようにすることを目的とする。
活動内容
美術、音楽、マジック等のプロのアーティストボランティアとアシスタントボランティアが小児病院の病棟、病室を訪問し、クラフトワークショップ、マジック、音楽会などを催す。子どもたちが活力や自信を取り戻せるように、作る、手品を覚える、一緒に歌う、などの参加型の活動にする。見通しを持って楽しみにできるように、定期的な活動とする。
代表者
松本 惠里
URL
設立
任意団体として2012年2月25日
法人として2012年12月18日
事業報告
収支報告
定款

Get Adobe Reader PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

平成27年度収支 平成27年10月1日〜平成28年9月30日(単位:円)

収入

前年度繰越金. 7,143,340
会費 695,000
寄付金 8,162,622
委託事業収益 25,850
利息 684
合計 16,027,496

支出

事業費:謝金、交通費、保険料、抗体検査料、通信印刷、クラフト材料費、消耗品 5,725,663
管理費 204,566
次期繰越金 10,097,267
合計 16,027,496
Income
Expenditure

平成26年度収支 平成26年10月1日〜平成27年9月30日(単位:円)

収入

前年度繰越金. 4,275,278
会費 660,000
寄付金 5,977,492
委託事業収益 58,580
利息 662
合計 10,972,012

支出

事業費:謝金、交通費、保険料、抗体検査料、通信印刷、クラフト材料費、消耗品 3,622,847
管理費 205,825
次期繰越金 7,143,340
合計 10,972,012
Income
Expenditure

このページの先頭へ

平成25年度収支 平成25年10月1日〜平成26年9月30日(単位:円)

収入

前年度繰越金. 840,614
会費 415,000
寄付金 5,093,866
委託事業収益 239,622
利息 134
合計 6,589,236

支出

事業費:謝金、交通費、保険料、抗体検査料、通信印刷、クラフト材料費、消耗品 2,082,513
管理費 231,445
次期繰越金 4,275,278
合計 6,589,236
Income
Expenditure

このページの先頭へ

平成24年度収支 平成24年12月18日(法人設立日)〜平成25年9月30日(単位:円)

収入

設立時繰越金. 9,778
会費 295,000
寄付金 1,060,993
助成金 600,000
利息 33
合計 1,965,804

支出

アーティスト支払い、抗体検査
楽器など備品、クラフト材料
ちらし作成等
1,022,778
管理費 102,412
次期繰越金 840,614
合計 1,965,804
Income
Expenditure

このページの先頭へ

SHJ役員

スマイリングホスピタルジャパンの活動:人形を作りました。

代表理事
松本 惠里
副代表理事
谷口 幸路
理事 アドバイザー
高橋 精一
理事
三原 典子
監事
神津 理絵
理事
矢田 美麗
理事
榎本 江美加

このページの先頭へ

SHJ正会員

松本 惠里
神津 理絵
高橋 精一
土方 浩二
石原 寿美江
三原 典子
大崎 健太朗
米澤 倫子
千葉 淳子
谷口 幸路
鈴木 知子
矢田 美麗
榎本 江美加

このページの先頭へ

地区コーディネーター一覧

北海道    米澤 倫子
石巻     千葉 淳子
仙台     松本 惠里
静岡     鈴木 知子
京都     田久 朋寛
大阪     西 純江
東京・神奈川 松本 惠里
千葉     矢田 美麗
愛知     榎本 江美加
広島     狩谷 美穂

このページの先頭へ

サポート会員一覧

個人サポート会員

  • 中澤 満子
  • 水谷 寧子
  • 久我 暢子
  • 石橋 和子
  • 奥村 眞知子
  • 内藤 昇
  • 武藤 秀平
  • 水野 ぷりん
  • 渡邊 剛
  • 平沢 ゆかり
  • 愛甲 汎
  • 桝谷 知子
  • 菊池 愛
  • 岩切 靖夫
  • 野沢 二郎
  • 久我 幸子
  • 久我 遥平
  • 坂本 和美
  • ツツミ エミコ
  • 松本 健太郎
  • 青木 友尉
  • 磯部 孔良
  • 室園 久美
  • 清水 康恵
  • 井上 玲子
  • 岸田 知子
  • 石井 早紀
  • 獅々見 和秀
  • 尾内 威夫
  • 佐々木 優子
  • 村島 順
  • 村島 下枝
  • 渡部 直美
  • 山田 淑子
  • 野口 明子
  • 西 純江
  • 川崎 まや
  • 石内 幹子
  • 山本 聡美
  • 山本 真鈴
  • 大盛 時江
  • 山野井 清美
  • 平林 美穂
  • 高浦 由紀子
  • 小島 康子
  • 木村 光代
  • 小野 由紀子
  • 豊 雅子
  • 柳 美子
  • 角田 真穂
  • 野口 彩
  • 神津 舞香
  • 庄司 雪枝
  • 高木 佳子
  • 浜中 三智子
  • 秋吉 真奈美
  • 渡辺 彩子
  • 渡辺 浩子
  • 野末 隼
  • 松本 芳子
  • 大川 奈美恵
  • 黒木 麗子
  • 稲葉 俊郎
  • 新谷 元良
  • 内田 勝也
  • 橋本 雅子
  • 小俣 智子
  • 村木 充
  • 永瀧 利佳
  • 浅倉 律子
  • 山中 恵里子
  • 後藤 猛文
  • 近藤 麻智子
  • 長島 明子
  • 高野 ひさ子
  • 湯浅 祐子
  • 天野 翔太
  • 岡 留美
  • 木村 かおり
  • 白尾 美枝子
  • 津田 ひろみ
  • 吉田 圭子
  • 清水 千佳
  • 大橋 翔
  • 古賀 聡子
  • 佐久間 信語
  • 村井 麻里
  • 高田 友
  • 松川 敦子
  • 山本 道江
  • 松本 ゆかり
  • 中井 深雪
  • 米元 美彦
  • 森 英記
  • 納谷 康子
  • 西山 敦子
  • 近藤 多英子
  • 餘目 哲
  • 松島 季実代
  • 海野 絵利奈
  • 金 愛利
  • 小野寺 範子
  • 潟永 理加
  • 堀越 美恵子
  • 藤江 智美
  • 福岡 直美
  • 仮屋園 智子
  • 川島 昭恵
  • 福井 陽翔人
  • 冨田 泰代
  • 上島 幸直
  • 菊川 道子
  • 菱本 早苗
  • 谷上 景子
  • 下村 まみ子
  • 松本 紀子
  • 伊藤 郁子
  • 山崎 隆太郎
  • 宮城 将人
  • 須藤 泉
  • 森 龍男
  • 狩谷 美穂
  • say photography
  • 兒玉 久美子
  • 石原 野乃花
  • 河上 美春
  • Alvar Castillo
  • 徳島 はっちー
  • 田久 朋寛
  • 松野 房子
  • 加藤 りえ
  • 廣田 啓介
  • 中山 仁美
  • 若山 綾子
  • 森戸 幸枝
  • 糀 幸恵
  • 高野 千秋
  • 岩井 眞知子
  • 折田 新
  • 三輪 ゆうこ
  • 住野 由佳子
  • 松﨑 聡子
  • 福原 友輔
  • 米津 果穂
  • 齋藤 敬太
  • 沼田 真由み
  • 斉藤 航
  • 静間 千聖
  • 久野 和美
  • 成田 昌志

他 計176名(平成29年4月21日現在)

企業・団体サポート会員

株式会社 本村庵
NPO法人 子ども未来研究所
ことばの相談室おさかなルーム
カクテルホイップ
NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパン 療育室つばさ
株式会社 ミックインターナショナル
Luna's Tea House 横濱
はる訪問看護ステーション
のずえ・アートプレス
東京女子医科大学小児科ひまわりの会

このページの先頭へ

寄付者一覧

今泉 和子
水谷 寧子
青木 友尉
磯部 孔良
獅々見和秀
松本 芳子
宍戸 素子
柳 美子
ドラムストロングジャパン
岸田 知子
株式会社カミツレ研究所
吉村孝正
Luna's. hearts motor cycle club
東京工芸大学写真学科・視覚コミュニケーション研究室
渡辺 辰三
内田 勝也
LIVE LOVE LIFE
久光製薬ほっとハート倶楽部
すぎなみ重度心身障害児親子の会 みかんぐみ
パフォーマンスグループ「五蓮座」
他 計延べ127件(平成28年12月30日現在)

このページの先頭へ