姫路赤十字病院12月


今回は、ゆかの音楽遊び!もうすぐクリスマスなのでまずは、ヴァイオリンでクリスマスメドレーを演奏。子供たちもお母さんたちも知っている曲に自然と口ずさみ、身体が動いていきます。 ヴァイオリンの音が聞こえて病室も何人か来てくれました。楽器あそびでは、クリスマスソングで鈴を使ってみんなで演奏しました。2つ持って表現している子、楽器を鳴らしながら踊っている子、聴いている子。。様々な参加の仕方ですが同じ空間で音楽を感じてくれているのが伝わってきます。次にきよしこのよるをベルを使って和音奏をしクリスマス気分を味わいました。最後にホワイトクリスマスをバイオリンで演奏しました。

兵庫県立こども病院12月

今回は12月ということでテーマはクリスマス。オールクリスマスプログラムで活動しました。さとゆかでみんなのよく知っているクリスマス曲のメドレーを弾いていると次々に子供たちが集まっていきました。何だろ、ワクワク、行ってみたいな、と言葉ではなく音楽で思ってもらえるように演奏しています。子供たちが集まれば音楽遊びのスタートです。今回は、クリスマスということで鈴、ベルを中心に楽器遊びをしました。そして今回のメインは、さと手作り『くるみ割り人形』の紙芝居!20年前に作ったらしいです(笑)その紙芝居にチャイコフスキーのくるみ割り人形をバイオリンとピアノの演奏でつけました。子供たち、お母さんたち、看護師さんたちにも大好評でした。午前中、2人で何度も何度も練習した甲斐がありました。私たちもとってもたのしかったです。そして最後は『ホワイトクリスマス』をバイオリン&さとの歌でしっとりと歌い上げ、2017年最後のこども病院での音楽あそびを締めくくりました。

2017年にさとゆかの音楽あそびに参加してくださった子供たち、保護者の方、病院関係者の方々、お世話になりました。また来年も『さとゆか』をよろしくお願いいたします。

姫路赤十字病院 11月

今回は、ゆかの音楽遊び!ヴァイオリンを楽しみに待っていてくれたお友達がたくさん!ポスター効果かな?そのせいかヴァイオリンを弾き始めるとおーー!と感嘆の声が(笑)1音弾いただけでこんなに喜んでいただけるなんて嬉しかったです。身近な曲を身近でヴァイオリンで聴く機会意外とないかも知れませんね。楽器遊びをしたり、トーンチャイム、大きな布を使ってみんなで遊びました。昔からずっとヴァイオリンを弾いてみたかった患児のお母さんとヴァイオリンにすごく興味のある音楽大好きな中学生のSちゃん。セッション終わってからヴァイオリンに触れてもらいました。今回もスタッフに支えてもらいながらみなさんと楽しい時間を共有できたこと感謝です。ありがとうございました。

 

兵庫県立こども病院 11月

ハロウィンの次の日ということで仮装をしている子供たちやまだまだパーティ気分な子供が多い中セッションスタート!参加してくれた子供たちは、身体はつらい時はあると思うけど心は元気いっぱい。今回伺った病棟は、長期入院の子が多いのでコミュニティも出来上がっていてとても楽しい時間となった。ピアノやバイオリンの音を聴いて『綺麗なおと~』と感動してくれた女の子。初めて知る歌もすぐ覚えて大きな声でみんなで歌ったり、色々な楽器をならして遊んだり。笑顔と笑い声がいっぱいの一体感のある楽しいセッションになりました。

兵庫県立こども病院 10月

今回は、参加者が少人数に加えて赤ちゃんが多かったので、お母さんと一緒に楽しめるプログラムにしました。点滴につながれている小さな赤ちゃんもお母さんと一緒に楽器遊びをしたり時折笑顔も見られて、それをみて微笑むお母さんの笑顔が印象的です。ヴァイオリン&ピアノ演奏でも気持ちよく聴いていただけたようでよかったです。

産科では、産科の参加型コンサートというコンセプトでトーンチャイム中心に参加してもらってコンサート♪ 音に感動して涙ぐまれたり、みんなで笑ったり、関心したり。。とてもいい時間になり私たちもとても楽しかったです。

姫路赤十字病院10月

今月は、カクテルホイップの3人が遊びに来てくれました!小さな子が多かったのですが、そこはさすがカクテルホイップさん♡巧みな話術と軽快な動きで小さな子供たちもじーーっと観ていました!そしてお母さんたちは、大笑いo(*^▽^*)o とっても楽しい時間になりました。遠いところ来てくれてありがとうございました!

チャイルドケモハウス10月

さとゆかのゆかです!今日は、チャイケモさんでの一人での活動にちょっとドキドキでしたが、スタッフさんのご協力のもと楽しく活動することが出来ました。ヴァイオリンでジブリの曲を演奏してはじまり、色々な楽器を触ったり鳴らして合奏したり、大布の中にみんなで入ってみんなでゴロンとしたり。。。また一緒に遊ぼうね!

2017.9.22 チャイケモ&こども病院

さとゆかのさとです。
午前中チャイルドケモハウス、午後はこども病院という日程でなかなかハードでした。
まずは、チャイケモさんでの音楽遊び。「さとゆか」で活動するのは久しぶり。当日キャンセルがあったりして、12歳男児K君ひとりだけということになり、急きょ個人セッション。K君は楽器に興味津々。いろいろな楽器をやりたそうにしています。お母様、スタッフも途中参加の子供達も交えて活動を膨らませました。最後にK君の大好きだという「エリーゼのために」をさとが弾いて終了。その時はじっと聴いてくれました。
昼食後にこども病院へ。病棟二つ回る予定でしたが、そのうち一つの病棟が感染症が蔓延して閉鎖となり、その代り急きょICUでやってほしいとの依頼。一つ目の病棟でいつものように音楽遊びをしたあと、ICUへ移動。入室すると聞こえてくるのは子供の泣き声や機械音。そしてスタッフの緊張感も伝わります。BGMにさとゆかでピアノとバイオリン演奏をしました。どのくらいの音量が最適なのかさぐりながら。部屋に音が流れ出すと泣き声がトーンダウン。ドクター、ナースがのぞいてくださったり、張りつめていた空気も少し緩んだような気がしました。「バイオリンの音が好きなんです!」という親御さんのリクエストに応え、ゆかがベッドサイドでゆったりと演奏。それを聴いてすっと眠りにつく女の子。演奏を聴いて涙を流されるお母様。ICUでの活動は、病棟での音楽遊びとはまた違った体験でした。

兵庫県立こども病院 8月(^^)

今回もヴァイオリンとピアノで夏童謡メドレーから音楽あそびスタートしました。音楽が聴こえると子供たちが集まってきます。色々な楽器に興味津々にみています。今回の楽器活動では、スズとシンバルを使いました。優しいかわいい鈴の音とシンバルの大きな音!シンバルを鳴らす子供たちのわくわくした目は、とてもかわいかったです。今回の絵本の活動では、飛び出す紙芝居をつかって「ジャックと豆の木」をしました。今回は、私(ゆか)が読み、さとちゃんが効果音や音楽をつけました。絵本を使った活動は、セッションの中の休憩であったり場面転換になったり。。いい時間になっていると思います。もっと上手に読めるようになりたいです。
そしてトーンチャイム奏をしてヴァイオリン演奏を聴いていただきました。

チャイルドケモハウス 8/12

チャイルドケモハウスさんの夏のお泊まりイベントNo.2に遊びにいってきました!
今回も、大阪地区から快く遊びにきてくれたのは、大阪地区コーディネーターでもあるすみちゃん(^^)
ドラムやマラカスなどなどの楽しい楽器を沢山持って来ていただきました!子供も大人もみんなで一つの輪になり、ドラムサークルを楽しみました!みんなで発散したり、癒されたり。。色々なドラムの音に感動しました。
あっという間の1時間。こどもたちの笑顔最高でした♡
すみちゃん、ありがとう!また兵庫にも遊びにきてねー!