今日は人数も少なめで落ち着いた活動でした。歌に合わせてピアニカや小さな楽器を一緒に鳴らしました。

初参加の親子が1組参加してくれましたが楽しんでいただけたようです。

0223_淀キリ.jpg

0216_淀キリ.jpg

サウンドヒーリングの活動が定着してきて、その都度子どもたちも看護婦たちさんもうっとりされるのがこちらも心地良いです。

床の布団に寝転びながら聞いてくれていた子どもたちは気持ちよさそうにウトウトしていました。

みんなで歌を歌ったあと、ドラムやチャイムを鳴らして遊びました。

初めて参加してくれた男の子は、車椅子に設置されている机にソリッドドラムを置いてあげると、音楽に合わせて腕をコントロールしながら、やさしくドラムをタッピングしていました。

0116_す7.jpg

カクテルホイップの3人による即興演劇ショー。

「フォーメーションしりとり」では、子どもたちとしりとりをしながら、その「モノ」の形を3人の身体で 相談しないで創っていきます。しりとりは、小さい子でも知っているうえ、 見て、認識し、楽しむことが出来ます。

最初は少し緊張していた子供たちも、いつの間にか演劇にぐっと引き込まれ、最後にはニコニコします。

17-01-26-18-23-48-742_deco.jpg

初めての参加の子が二人いましたが、音が鳴ると目を開けたり表情を変えたりして興味を示してくれました。

いつものメンバーも楽器でしっかりと音を出してくれました。

0116_sakura7.jpg

子どもたちにも親御さんたちにも大きな声で声援をいただき、プレイルーム全体が一つになった感じがありました。

パフォーマンスの後に「帽子を出したりしないんですか?(投げ銭を入れる)」とお母さんの一人に聞かれました。「スマイリングホスピタルのボランティア活動です」とお答えしましたがお気持ちが嬉しかったです。

17-08-04-08-52-29-463_deco.jpg

活動の最初にびっくりして泣いてしまった子が、フレームドラムに手を置いて優しい振動を感じるとだんだんと泣き止んで音楽を楽しんでくれるようになりました。

肢体不自由の子たちも懸命に手や指を動かしてウインドチャイムを鳴らしてくれました!

15388575_1492842430745609_2011434425_o.jpg

詩の朗読と音に浸りながら、不思議な動物に会いに行きました。

かっぱや虹色の龍、クラムボンをイメージしながらリラックスして音楽を楽しみました。