Smiling Hospital Japan:スマイリングホスピタルジャパンは入院中の子どもたちに本物のアートを届けます。

現在位置:ホーム > SHJアーティスト紹介

SHJアーティスト紹介

スマイリングホスピタルジャパンの活動の模様

クラウディ・マルコム

英語教師/マジシャン/シンガーソングライター

クラウディ・マルコム

オーストラリア出身。ワールド・ファミリー・クラブで児童対象の英語指導を行っている。
エンターテイナーとしては、さまざまなイベントやプログラムを通して英語での楽しい時間を子どもたちに提供し、特に歌やマジックなどのパーフォーマンスを全国的に行っている。音楽家としてCDも出しており、芸術家として多方面で活躍している。
音楽家としてCDも出しており、芸術家として多方面で活躍中。

このページの先頭へ

ガイタノ・トタロ

心理社会的介入(心理療法・精神療法)ができるプロのパフォーマー、エンターテイナー、俳優

ガイタノ・トタロ

アメリカ南カリフォルニア出身。1989年、サンフランシスコ大学演劇科を卒業。現在は東京在住。
サントリー「CCレモン」や日清カップヌードル、ソニー「ハンディーカム」などのCMや、NHK「基礎英語3」「えいごであそぼ」などテレビに多数出演。
エンターテイメント会社の外楽COMPANY株式会社クリックすると別画面で表示されます。を2009年に東京にて設立。
2011年3月東日本大震災で被災した子どもたちに心を痛め、タイラー基金の協力を得て、「ニコニコ大使プログラム」を確立。
これまで2週間に1度のペースで、のべ8,000人の東北の子どもたちと現地で交流を深める。
学生時代に学んだ演劇や宮廷道化師を源とするピエロ学を通じ、「笑い」が持つポジティブな影響力を実感。
「私だけがニコニコ大使なのではなく、誰もが自分の立場から人を助ける事により、皆さんがニコニコ大使となり、地域を、国を、世界を、幸せにする事ができるのではないか」というのが、「ニコニコ大使」の コンセプト。
現在、自身のNPO法人「ニコニコ大使」を計画中。
「スマイリング・ホスピタル・ジャパンとのコラボレーションにより、多くの子供達を笑顔にする事を楽しみにしています」

このページの先頭へ

ツツミ エミコ

版画家

玉川大学特別講師・都立工芸高等学校講師・東京大学医学部附属病院こだま分教室講師。
茨城大学教育学部美術学科卒業後グラフィックデザイナーを経て紙版画の技法で作家活動開始。版画の特性を生かしながら、ディスプレーやショップイベント・ライブを構成する音絵楽プロジェクトを展開。3.11以降、「封筒の家」ワークショップを各地で 開催。被災地への訪問を重ねている。

このページの先頭へ

堀口 眞理

音楽講師

堀口 眞理

音大の声楽科を卒業後、ピアノ教室、病院内にある学校で音楽の時間講師をしています。在学中は、歌に向いていないな…と思い続けた4年間でしたが、病院内で子ども達と接するようになってから、音楽ってこんなにも人の心を温かくするものなんだなと改めて思うようになりました。病気の子ども達や御家族が、少しでもホッとしたり、元気が出たり、前向きになれたり…楽しいなぁと思って下さったら良いな…といつも思っています。微力ではありますが、これからも少しずつ努力を重ねていきたいと思いますので、よろしくお願い致します♪

このページの先頭へ

石橋 和子

シンガー・ソングライター

石橋 和子

1981年ビクター・インビテイションより全作自作の1stアルバム「Nice to meet you!」でデビュー。続いて2ndアルバム「ノラがドアをあける時」リリース。ラジオ、CM、コンサート等で活躍後、結婚・出産で休眠。2007年、カムバックCD「祈り」リリース後、都内中心にライブ活動中。朗読チーム“もっきんぽっと”でピアノ、音声担当。

このページの先頭へ

MARI MANABE(マナベ マリ)

イラストレーター

MARI MANABE

1997年 同潤会アパートGALLELY80二人展
2000年 銀座ギャラリーヤジマにて二人展
2002年~2010年 青山blue、表参道sozo、鎌倉umi cafe、池尻GRAPPA DI BASSANO etc. 企画作品展示
2012年 六本木「SAVOIR VIVRE」にて個展

某子供テレビ番組CD・DVDのジャケットイラスト、衣装デザイン・雑誌イラスト・Webイラスト・オダーメイドオブジェ・オーダーアクセサリー

このページの先頭へ

湯浅 祐子

サウンド・プロデューサー ディレクター

湯浅 祐子

聖心女子専門学校保育科を卒業後、株式会社ポニーキャニオン入社。
色々な部を経て、入社当時の夢であった「音楽ディレクター」になる。
主にキッズ作品のディレクション・プロデューサー業を行う。
1999年、担当していた「NHKおかあさんといっしょ」の作品『だんご3兄弟』がダブルミリオンの大ヒット。
2002年ポニーキャニオンを退職。
映像制作会社株式会社ムーブマンに入社し、キッズ番組やアーティストのPV制作等にも関わる。
現在、16年間在籍した児童合唱団での経験、幼稚園教諭二種免許取得を活かし、子供番組・音楽プロデューサー・音楽ディレクター業を主に、キッズ関連のイベント企画や構成、MC他、子供番組での歌唱や作詞業等を行っている。

このページの先頭へ

平沢 ゆかり(Yukari Hirasawa)

声優/ナレーター/キャスター/ソプラノ 賢プロダクション所属(芸名 友川 まり)

賢プロ所属声優による絵本読み聞かせ広場「けんぱーく」メンバー

国立音大卒業
アミューズメントメディア総合学院・声優タレント研究科卒業
芸歴: TVドラマ出演 クイズ番組アシスタント バンドで学園祭
   イベントなど多数出演 アニメ・外画の吹きかえ 
   ラジオCM・テレビCMのナレーション
   ゲームのヒロインの声及び主題歌担当
パーソナリティー:
   自由が丘FMインターネットテレビ「お元気ですか!自由が丘」
   「自由が丘まちかど情報局」FM SETAGAYA 「ラジオ ワンダーボックス」
舞台: 朗読劇「操守」出演
声楽: 音大在学中に阿部富美子、中村元子各氏に師事
    現在、土田聡子氏に師事。北区滝野川会館のロビーコンサート出演

このページの先頭へ

坂本 和美(ぴーすけ)

絵本作家/絵詞家

2008年07月 フェーマススクールズ クリエイティブアートコース イラストレーター専科入学。
2010年10月 絵本『“あい”ってなんだろう』を文芸社より出版。
2011年07月 フェーマススクールズ クリエイティブアートコース イラストレーター専科卒業。

このページの先頭へ

久我 遙平(よーへー)

大道芸人

2011年7月より、パントマイム・マジック・ジャグリングを駆使し、大道芸人として活動開始。
都内・神奈川県を中心に路上でのパフォーマンスや地域のイベントに参加。
2012年8月に「神経内分泌腫瘍」という病気が発覚し、手術と約2ヶ月間の入院の末、退院。
リハビリ後、自身の大道芸活動の傍ら、自らが体験した長期入院の辛さやもどかしさなどから子供たちを少しでも開放できればとSHJの活動に参加。

このページの先頭へ

山中 一徳(ヤマナカ イットク 朗読劇団“もっきんぽっと”)

ナレーター

少年院、児童館、地域の子供会や小学校、また企業の支援で 絵本・紙芝居の口演、朗読公演などで活動している。
1981 東京アナウンスアカデミー
1986 俳協養成所15期

出演作品
TVナレーション
  NTV 「きょうの出来事」
  TBS 「道浪漫」手帖 「JNNニュースの森」
  ANB 「スーパーJチャンネル」「ニュースステーション」
  TX 「これが生死の分かれ道!自分で作ろう安心・安心・安全」「わっ!!つNEW」「夢踊るニューヨーク冬紀行」「ニュースEYE」
  読売TV 「日本の祭り」
  テレビ埼玉 「プロムナード川口」
  テレビユー福島 「福島発!超満足 特選バスツアー」
  CS 「パラケルススの科学レシピ」「ホースステーション」「食の科学レストラン」「北野誠のカタ破り!カタチ研究所」ほか

セルビデオ&DVD
「美しき日本の自然100選」「日本列島鉄道の旅10巻」ほか多数

このページの先頭へ

金野 恵子(コンノ ケイコ 朗読劇団“もっきんぽっと”)

俳優

声 アルト
特 技 小唄・端唄
経 歴  1981 文学座研究所20期
1982 俳協養成所10期
出演作品
テレビ CX 「愛・命ある限り」(レギュラー) 「板橋アダムス」(白川夫人 役)
ANB    「七人の女弁護士」「女捜査官」 「はぐれ刑事」(スナックのママ 役)
NHKBS 「南太平洋の大自然」(進行役とナレーション)「エンジョイライフ”なるほどペット通信”」( 進行役とナレーション)

舞台
「雪国」(東宝芸術座)
「 雨 」(こまつ座)
「越前竹人形」(地人会) 他多数

外画 CX 「ゴースト」(デミー・ムーア)
CS 「メルローズ・プレイス」(キンバリー 役)
ANB 「スピード」「ブラックジャック」
TX 「グラマラスハンター」(ヒロイン 役)「レネゲイド」(シャイアン 役)
NTV 「エア・アメリカ」(アリスン役)

このページの先頭へ

松丸 智子(マツマル トモコ 朗読劇団“もっきんぽっと”)

ナレーター

声 メゾソプラノ~アルト
特 技 端唄・三味線(千本流名取・千本夢丸)
新内(浄瑠璃)如月派名取・鶴賀喜代丸
書道(師範)

経 歴  1980 東京アナウンスアカデミー
1985 俳協

出演作品
TVナレーション
NHK 「日曜フォーラム」「金曜フォーラム」「ETV特集~国宝大修理」「まるごと大全集/石原裕次郎」
NHK BS 「BS20年 テレビ、こう見ると世界がわかる」「20世紀の人物列伝」
NTV 「ドキュメント介助犬と生きる」「ドキュメントビスターレ・17才が見たネパール」
ANB 「報道ステーション」「総理訪朝特番」「ニュースステーション」「スーパーJチャンネル」
TX 金曜時代劇「お江戸吉原事件帖」「ニュースEYE」
新潟放送 「ドキュメント新潟」「良寛と貞心泥」(和歌)

IMAGICA TV 「歌謡ポップスチャンネル~カラオケナビ」

このページの先頭へ

小泉 亜里

IFA認定国際アロマセラピスト/AEAJ認定アロマテラピーインストラクター/ハーバルセラピスト

2011年アートとアロマの融合活動「ART AROMAREA」発足。同じくアロマセラピストの原田尚子さんとユニットを組み、ギャラリーやホテルにて、アートや写真の展示作品に合わせた香りの企画や、そのイメージから香りを作るワークショップ、そしてカクテルデザイナーと共に、お酒とアロマのコラボレーション等を行う。デイケアセンターや被災地のアロマボランティアも定期的に参加。ニールズヤードレメディーズ認定パートナーシップ講師。

このページの先頭へ

三原 典子

ファシリテーター

幼稚園教員を経て音楽教室講師、ドラムサークルファシリテーターとなる。ドラムサークルとは、打楽器を用いて音楽経験、年齢、言葉、人数制限、身体の不自由度など全く関係なく誰もが参加できるコミュニケーションツール。言葉を越えて今 の気持ちを分かち合うこと、楽器を打ち鳴らしストレス発散、仲間づくりほか用途に合わせて、教育現場、医療現場、公共講座、企業にて活動。音楽活動ではリトミック、音楽遊びを通して鍵盤楽器指導をしている。
ミュージックコミュニケーションNOR's M主宰
ドラムサークルファシリテーター協会事務局長兼理事
REMOドラムサークルファシリテーターエンドーサー
OrangeBoomBoom共同主宰
2008 Best Facilitator of the Year 受賞(ドラムサークルファシリテーター協会)

このページの先頭へ

水野 ぷりん

絵本画家、挿絵画家、イラストレーター

1960年生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。
日本文学、世界のおとぎ話の世界で、絵本の作画や児童書の挿絵で活躍。
主な作品に「きんいろのライオン」(すずき出版)「かさじぞう」(PHP研究所)
「体験!子ども寄席」(偕成社)「かえるのおんがえし」(世界文化社)
「おせちえほん」「たろうがいっぱい」(チャイルド社)
「アンモナイトの森で」(学研教育出版)などがある。

このページの先頭へ

モンスターズ

立体造形作家

佐々木優子  
福島大学教育学部卒。展覧会のキュレーションやPR。IT関係の会社勤務。モンスターズ代表。

朝倉弘平  
文化服装学院卒。絵描き。アーティスト。国連UNFPA「お母さんの命を守るキャンペーン」、JICA中国四川省のワークショップに講師として参加。モンスターズ鳥取支部担当。
http://www.asakurakouhei.comクリックすると別画面で表示されます。

本田翔子  
武蔵野美術大学卒。グラフィックデザイナー。モンスターズグラフィック担当。

このページの先頭へ

室園 久美

プログラムディレクター イラストレーター

広告ディレクターとして、ママや子どもをターゲットとしたCMやグラフィックを20年に渡り制作。2012年、絵本『ママ Mamiversary』主婦の友社を出版。同年、ジョイセフとコラボし、被災しながら出産した岩手・福島・宮城のママ1700名以上の赤ちゃんの1歳のお誕生日に『ママ』を含むサプライズプレゼントを送り、キッズデザイン賞 復興支援部門 特別賞を受賞。その後、子どもたちのお絵描きワークショップを行い、世界中の子どもたちの絵を散りばめたホワイトリボン自販機を制作。季節ごとの手芸ワークショップ開催など、多ジャンルに渡り、子どもたちに制作の場を提供。現在は小学校にて、ことば作りを中心とした授業を展開している。

このページの先頭へ

石内 幹子(イシウチ ミキコ)

バイオリニスト

三重県出身
武蔵野音楽大学卒業。都内を中心に、精力的なライブ活動を行っている。
2007年4月 NEW TROLLS LIVE IN JAPAN(クラブチッタ川崎)にて、トウキョウヴィエールアンサンブルの一員としてストリングス演奏。
2010年 上海『上海美藍湖音楽祭』のオープニングにて演奏し、上海の雑誌、新聞に特集記事が載る。また、「きらら鎌倉ホール」にて、コンサートを開催。同年パリに短期留学の折、Florin Niculescu氏と出会い、以来親交を深めている。
2010年、2011年、2012年 フランスにてDidier Lockwood氏に師事。
2012年6月 パリにてFlorin Niculescu氏と共に、アルバムレコーディングを果たす。 同年7月30日から8月上旬 『フローリン・ニクレスク ジャパンツアー』において、全てのコンサートにゲスト出演し、フローリンとのデュオ演奏も行った。
2013年4月20日 全パリレコーディングのNew アルバム『Swing from Paris』リリース。
2013年11月 パリ モンパルナスの『LE PETIT JOURNAL』で行われたフローリン・ニクレスク氏のコンサートに出演。

このページの先頭へ

田久 朋寛(たっきゅうさん)

大道芸人/SHJ京都地区コーディネーター

京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程退学。華麗でスリルのあるジャグリングと関西仕込みの軽快なトークで魅せる正統派のコメディジャグラーとして、大阪海遊館を中心に活動中。子供との掛け合いを得意とし、幼稚園や小学校のイベントに数多く出演する傍ら、笑いの学術的研究にも造詣が深く、研究に基づいた大道芸アプリを開発し、多数の新聞に掲載されるなど、理論派としての一面も持っている。

このページの先頭へ

米澤 倫子

ファシリテーター/SHJ北海道地区コーディネーター

札幌出身。
札幌で音楽教室を主宰しながら、北海道全域でドラムサークル(年齢・経験・性 別など関係なく、その場に集まった人たちで即興的に作り上げる打楽器・パーカッションアンサン ブル)の活動をしている。
また、生活リズムソング「はやね はやおき あさごはん」や読書推進ソング 「本だいすき」を歌い・踊りながら就学前の子供を対象にしたコンサートを道内各地で実施中。
米澤音楽事務所 代表
札幌ドラムサークル 代表
生涯学習音楽指導員
フルートサークル ファシリテーター
REMOドラムサークルファシリテーター エンドーサー
OrangeBoomBoom共同主宰

このページの先頭へ

川﨑 まや

マリンバ奏者/パーカッショニスト

東京音楽大学附属高等学校を経て東京音楽大学にて打楽器、主にマリンバを専門に学ぶ。
演奏家、音楽教育、一般企業での職を経て、現在、障がい/高齢者領域の音楽療法、療育に従事。
・株式会社Leaf音楽療法センター 音楽療法士
・その他 東京近郊の施設での音楽療法
・障がい児 音楽療育ピアノレッスン
・その他 音楽療法的活動
在学中より打楽器が心身に与える影響について着目し、今日の音楽療法やドラムサークル活動に至っている。身近に困難を抱えた状況があった時期があり、一時は私自身も音楽から遠ざかったが、再び音・楽器・音楽に恵まれたことで音楽の尊さを再確認する。
音やリズムに乗せて子ども達、ご家族と、この恵みを分かち合えたらと思います。

このページの先頭へ

西 純江

ファシリテーター / パーカッショニスト/SHJ大阪地区コーディネーター

西 純江

静岡県浜松市生まれ、大阪在住。どんちゃか村のそんちょー。
9歳から鼓笛隊を始め、中高では吹奏楽の打楽器パートで活躍。ヤマハ吹奏楽団浜松に13年間所属後、ジャズ、ラテン、ボサノバなどジャンルを超えたバンドに参加。2008年にドラムサークル創始者アーサーハルに出会い、それまでの「絶対に間違ってはいけない演奏」から「間違ってもいい、それが正解とする演奏」に衝撃をうけ、ドラムサークルを学び「どんちゃか村の子供たち」を結成。誰でも自由に楽しく参加できるドラムサークルの活動を進めながら、ニュートラルな自分の在り方を模索中。
現在では関西を中心に定期的に誰でもでも参加できるコミュニティドラムサークルをはじめ、親子向け、小学校、高齢者・福祉施設、イベントなどで活動。

このページの先頭へ

Sonido del Viento(ソニド・デル・ビエント)

ケーナ/アイリッシュホイッスル/オカリナ/唄とキーボードのアンサンブルユニット

「ソニド デル ビエント」はスペイン語で『風の音』。
南米の笛ケーナを始めアイリッシュホイッスル・オカリナそして唄を担当するMarinと、キーボード兼作曲担当の山本さとみの二人を軸とするアンサンブルユニットです。
震災後は東北の大地に足元を固めつつ仙台市を中心に各方面で活動中。
キーボード:山本さとみ
笛・唄:まりん

山本さとみ  
高校卒業後、ヤマハミュージックアカデミーを修了。
1982年よりヤマハ音楽教室の講師を務める。
現在は大人を対象とするコースでジャズピアノ・ポピュラーピアノを担当。
自身の音楽活動では作・編曲も担当しジャンルを問わず演奏している。
ソニドではリーダーとしてプロデュースとマネージメントも兼任。

まりん  
中学で吹奏楽・高校ではマーチングバンドでフルートを担当。
東北文化学園専門学校・東京福祉大学で福祉心理を学び、仙台YMCAを母体とする支援施設で支援員を務める。
その後、本格的に演奏家としての活動を始める。
ソニドとしての活動の他、各方面でレコーディングやサポート演奏を行なっている。

このページの先頭へ

トゥッティ

キーボードデュオ

未就学児親子の音楽あそびや老壮大学講師として活動、また市民センター、児童館で音楽の楽しさを伝えるコンサートを約10年続けている。

渡部 直美  
音楽講師
障がいのある子供たちのための音楽教室「NPO法人ミューズの夢」講師
レッスンの他、仙台市内の特別支援学校・特別支援学級・施設等で音楽ワークショップを行っている。

山田 淑子  
障がい児・者音楽教室講師
障がいのある子供たちのための音楽教室「NPO法人ミューズの夢」講師
音楽療法士
ピアノ講師
メンタルケアスペシャリスト

このページの先頭へ

カクテルホイップ

インプロヴァイザー/インプロファシリテーター

観てくださるお客様のアイデアを元に、即興でお芝居を創るエンターテイメント、 『インプロ(即興演劇)』のショー、ワークショップを開催しています。
「楽しくなけりゃ学べない」をモットーに、子ども達と共にインプロのアクティビティで遊んだり、即興でお話創りをしたり、表現を楽しみあいます。
また、子どもの事業のほか、大人向けコミュニケーション事業、青少年自立支援、就労支援、子育て支援、高齢者施設、障がい者施設、ピアカウンセラー養成講座などで、大笑いしながら、「生きる力」や「マインド」を届けています。

北川 優子(カクテルホイップ)  
インプロファシリテーター/「カクテルホイップ」代表
航空会社、フードサービス、テーマパークと、人生の半分をサービス業に携わってきた。
インプロを使った子どもたちとのワークショップ、ショー以外に、人材育成や、チームビルディングに役立ててもらいたいと、大人向けのコミュニケーション研修のファシリテーターをつとめる。

上堂薗由香里(カクテルホイップ)  
インプロファシリテーター/「カクテルホイップ」副代表
「カクテルホイップ」として、「楽しくなけりゃ学べない」をモットーにインプロ(即興演劇)のショーやワークショップを開催。
インプロは即興でお芝居を創るエンターテイメントで、もともと役者のトレーニングとして開発さたが、現在では教育・人材育成・生涯学習・医療や福祉などの現場に広く取り入れられている。
インプロを使って、子ども達とワークショップで遊んだり、参加型のインプロショーを開催。
青少年自立支援、就労支援、子育て支援、高齢者施設、障がい者施設、ピアカウンセラー養成講座などでも、大笑いしながら「生きる力」や「マインド」を届けている。

伽羅(即興演劇集団フリーフライツ!!)  
劇団「夢幻都市-MusicalCity-」を主宰。
テレビやラジオに数多く出演しながら各地の市民芸術祭における作品づくり、演出、客演の他、小中学校の国語授業で言語表現の実演も行う。地域や大学でのインプロワークショップの講師を数多く務めるなど、日本を代表するインプロバイザー。

このページの先頭へ

千葉 淳子

ピアノ/リトミック/ミュージックベル/ドラムサークル/SHJ石巻地区コーディネーター

さいたま市出身。
幼稚園,小学校教員を経て音楽教室を主宰し、ピアノ・リトミック・音楽療育レッスンを指導している。
2010年にドラムサークル(参加者が様々な打楽器で即興のリズムアンサンブルをする参加型音楽ワークショップ)のプレイショップに参加し、以降ファシリテーターとして修業しつつ活動。登米市子育てサポートセンターで「リトミックひろば」、児童館で音楽遊び,音楽ユニット「みゅーず♪くらぶ」としてアンサンブル演奏などの活動も行っている。
J Music Studio主宰、ヤマハPSTA指導者、リトミック研究センターディプロマ認定指導者、生涯学習音楽指導員、登米文化財団・アウトリーチ地域アーティスト。

このページの先頭へ

豊 雅子

ピアノ講師/音楽劇

専門分野:音楽あそび
大阪音楽大学短期大学部卒業。
カワイ音楽講師を経て自宅でTOYO音楽教室を主宰。
平成14年より音楽療法に関わり17年日本音楽療法学会認定音楽療法士を取得し、現在NPO法人吹田市音楽療法推進会おんがく・さーくる・コスモスの理事に就任。
乳幼児から高齢者まで、また障害の有無にかかわらず、多くのクライアントの臨床に
関わる。
よみうり文化センターピアノ講師。
トレーニングビート認定トレーナー。
スウェーデンハンドセラピーインストラクター

このページの先頭へ

小野由紀子

ヴァイオリニスト/保育士

専門分野:ヴァイオリン
宮城学院女子短期大学 保育科卒業。
仙台市内の保育所に勤務し、ヴァイオリンを取り入れた保育を実践。現在も非常勤保育士として勤務し、幼児クラスではヴァイオリンを使ってリトミックを担当。そのかたわら、ヴァイオリン講師として個人指導も行なう。
ヒーリングサロン「ピアチェ」代表
クリスタルボウル サウンドセラピスト

このページの先頭へ

宍戸素子(メグ)

ピアニスト/SHJ仙台地区コーディネーター

宮城学院女子大学 学芸学部 音楽科 ピアノ専攻卒
M's音楽教室 主宰
現在、
ピアノ講師
ウェディングプレイヤー
ライヴハウス チャーリーズレモンカントリーにてバンド出演(ピアノ)
アイリッシュ音楽演奏(アイリッシュホイッスル、アコーディオン演奏)
ドラムサークル東北 ファシリテーター
木琴ユニット 「もっきんバード」
として活動中。

このページの先頭へ

渡辺彩子

ドラムサークル&ボディーパーカッション

青年海外協力隊員として、ボリビアの小学校で音楽を教える。
小学校教員(通常学級担任、音楽専科、特別支援学級担任)を経て、現在は就学前施設にて発達障害児の療育のに関わっている。
立川ドラムサークル&ボディーパーカッション主催。
NPO法人ボディーパーカッション協会認定講師

このページの先頭へ

野末 隼(大ドジ芸人 あざーす・のず)

コメディー大道芸人・マジシャン

「不器用でも前向きに」をモットーに関西を中心に活動するパフォーマー。
大道芸人ならぬ大ドジ芸人。
失敗を笑いに変えて
ホッと和ませる
パフォーマンスを提供します。
コメディマジックにジャグリング、 バルーンアート、バランス芸などを活用した、お客様参加型パフォーマンスが中心です。

このページの先頭へ

中川 哲也

ドラムサークルファシリテーター/ドラマー

ドラムサークル奈良「ハートサウンド和楽」代表。
地元で開催するコミュニティドラムサークルをはじめ、福祉施設、小学校などで活動。
また、ドラマーとしてドラム講師、ジャズ演奏をしています。

このページの先頭へ

Laki Ohana (ラキオハナ)

ちぎり絵ユニット

「ラキオハナ」はハワイ語で幸せな家族という意味。
和紙が持つ優しい手触りや日本の色に触れながら、ちぎっては貼る楽しみを知っていただきます。
ちぎり絵作家:橋本 雅子
ちぎり絵アシスタント:黒木 麗子

橋本 雅子  
ちぎり絵作家・呼吸法講師
短期大学を卒業後、タレントとして芸能活動を行う。
出産を機に芸能界を引退後、小池聡行氏(前オリコン社長)に呼吸法を師事。
2004年より独自のメソッドを取り入れた呼吸法を伝える活動を行う。
ちぎり絵は、2000年より作品を作り始める。
2004年より会報誌の表紙絵を5年間担当後、都内近県の老人介護施設7か所より作品を依頼され展示中。
京都の老舗旅館、青山の懐石料理屋、都内のカフェ、フラスタジオ、広島のロミロミサロンにも展示。
現在までに、東京(自由が丘、五反田、南青山、恵比寿、成城)、埼玉、愛媛(松山)にて個展を開催。

黒木 麗子  
心理カウンセラー (コーマワーカ)/プロセスファシリテーター/カラーセラピスト/Ahファシリテーター/エネルギーワーカー
東京都在住。2児の母。15歳の時、カリフォルニア州サンドミニコハイスクール単身留学。上智大学外国学部国際科。1990年から認定プロセスワーカー、臨床心理士・ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定。富士見ユキオ氏に師事し、プロセス指向心理学(現プロセスワーク)を学ぶ。また、2008年4月、こころのクリニック・水島広子氏が提唱するアティテューディナルヒーリングファシリテーターを取得。
2012年10月より行徳総合病院脳神経内科医岩村ドクターの遷延性意識障害臨床プロジェクト(GCWPプロジェクト)へ心理カウンセラー(コーマワーカー)の一員として参加、現在に至る。

2014年5月より、東大病院循環器内科、稲葉医師が主宰する未来医療研究会にメンバーの一員として参加している。
日本トランスパーソナル学会員・直伝霊気研究会員・超越気功協会員

このページの先頭へ

小俣智子(Ouma(オーマ))

細胞アーティスト

元獣医師。
家賃0円クリエイターズシェアハウスTOLABL(トラブル)住人クリエイター。
地球の歩き方「東アフリカ編」「モンゴル編」などの取材に携わり、世界各地を単独取材した経験をもつ。
2011年より細胞をモチーフとしたアート作品を制作、六本木のギャラリーUNACのオーナーの目に留まり、2013年1月にはギャラリー全てを絵で覆い、絵の中から鑑賞する作品を発表。
世界を一つにするような「癒やしと統合」をテーマに活動中。

このページの先頭へ

鈴木知子

音楽講師/ドラムサークル・ファシリテーター/介護福祉士/SHJ静岡地区コーディネーター

カワイ音楽教室 講師を経て現在、高齢者施設で音楽療法を担当。
保育園 園内音楽教育講師。
幼稚園 ・保育園 ・小学校 ・中学校にて ドラムサークルを行う。

このページの先頭へ

村木 充

ジャズ/コントラバス奏者

ジャズ演奏やヴォーカル伴奏だけでなく、弓を駆使したメロディアスな演奏で朗読や演劇にソリストとして数多く参加。
また’09年には障がい者自演演劇「僕はコトバ」を杉並演劇祭にて、’10年には障がい者参加型演劇「キセキのテトテ~まほろ号の冒険~」を制作上演。
現在は介護福祉士資格を取得し、障がいの方と共に作るパフォーマンスを製作、障がいへの理解と様々な身体条件の方への自己表現の機会を設けている。
また、ユニット「SoulKaTett」を主催し、映像や言葉、ダンスやパントマイムなど様々なジャンルのアーチストとコラボレーションにて都内を中心に活躍。

このページの先頭へ

永瀧 利佳

ピアノ・絵本読み聞かせ・あそびうた・パネルシアター

河合楽器の音楽教室講師を経て、自宅でピアノ講師をする傍ら、ボランティアにて絵本読み聞かせ・あそびうた・パネルシアターなどを地元の幼稚園や親子サークル「つくしぐみ」で楽しくやっています。また、デイサービスでおばぁちゃんたちと歌を歌っています。

このページの先頭へ

浅倉 律子

リトミック・音楽遊び・絵本読み聞かせ・パネルシアター

音楽教室講師(主に幼児コースを担当)
音楽指導だけではなく、音楽を通して様々なアングルから子供達の成長をサポートし、子供にとって良い環境を作れたらと願い 音楽レッスンをしています。

このページの先頭へ

後藤 猛文

ジャグリング・バルーンアート・マジック

関西を中心に「ジャグラーGT(グレートとーちゃん)」としてパフォーマンス活動を行っています。またジャグリング教室毎週月曜やっています。
地域でボランティア団体(小松いきいきネットワーク)の運営や活動を行っています。
キャラバンメイトとして認知症サポーター養成講座など開設、活動もしています。
1年前から毎週水曜と木曜に手話教室とサークルに通っています。
3人の子供を持つ父親。ジャグリング教室に来てくれる子供達の中に自閉症や発達障害の子たちが数人います。 ジャグリングを通して自信を付けて頑張ってくれたら良いなと思って活動をしています。

このページの先頭へ

天野 翔太

声優・俳優・ボーカル

ムーブマン所属
テレビで放送中の某子供番組に2012年から出演中。
イベントや寄席(東京楽笑寄席)などにも出演。
外画やゲームのキャラクター、企業VP,ラジオなどの声の出演他、舞台出演やアイドルユニットでも活動中。
特技:バスケットボール・少林寺拳法・歌唱
養成歴:日本ナレーション縁起研究所研修科卒業
賞歴:第4回声優アワードオーディション合格

このページの先頭へ

庄司 雪枝

パーカッショニスト・リコーダー奏者

昭和音楽大学短期大学部 音楽科打楽器専攻
同大学研究生課程修了
施設での演奏会や、乳幼児向けのコンサートに参加。
ドラム・パーカッション、マリンバ、リコーダー等を演奏。
SHJの活動では、「もっきんバード」のパーカッション、リコーダー担当として参加。

このページの先頭へ

大川 奈美恵

声楽家

岩手大学教育学部卒 音楽科 声楽専攻
尚絅学院大学 聖歌隊に所属。
SHJの活動では宍戸素子、庄司雪枝と共に「もっきんバード」 に所属し、歌や、読み聞かせなどを担当。

このページの先頭へ

岡 留美

ピアノ演奏・マトリョミン演奏・読み聞かせのピアノ伴奏

カワイ音楽教室講師を経て現在、チョッピン音楽教室講師とブライダルオルガニストとして活動中。
ジャンルにこだわらず音楽が大好きで、色々な音楽活動を行っている。
「浜松スイングミューズ」(女性だけのビッグバンド)、「ムジカ・チェレステ」(ヴォーカルアンサンブル)、「ヴォア・ヴェール」(合唱)「ガゼル」(ロックバンド)など。
2013年に、テルミン(マトリョミン)大合奏で世界記録樹立。

このページの先頭へ

前田 安澄

朗読家

音楽やダンスなどとのコラボレーションなどを楽しむうちに一人でもコラボをしたくなり、絵本読み聞かせにオカリナやフルートなどを取り入れることに挑戦中。
SHJの活動では、コントラバス村木氏と、音楽と言葉のコラボレーション、 絵本読み聞かせ、オカリナやフルートを使った絵本読み聞かせをします。

このページの先頭へ

山中 Mahelealoha 恵里子

ハワイアンフラ

U'ani Hula Halau Mea Hula o Ho'ohauoli a me Aloha no ke Ola 主宰
Hawaiian Hula それは心も体も楽しく健康になるハワイからの贈り物。
踊りたいときに踊りたい人が踊る。そんな楽しい時間を過ごしています。
ハワイはオアフ島のクムフラ Ali'i Manu O Kai に師事。
本場ハワイの踊りを伝えています。

このページの先頭へ

中納 裕見子

オカリナ / 歌 / 朗読

岡山大学教育学部卒業。
県内外のオカリナ発表会、イベントなどに多数参加。
病院、老人福祉施設、サロン、カフェコンサートなどで多数演奏。
朗読グループ「木の実]に所属。

このページの先頭へ

矢田 美麗

ピアノ / フルート / ヴォーカル(ピアノ弾き語り)

2歳よりピアノを始め、ヤマハジュニア専門コースを経たのち、桐朋学園音楽大学付属こどもの為の音楽教室にて、フルートやトランペット、ソルフェージュを習得。
ヤマハピアノ演奏・ヤマハ指導グレードともに3級を、カワイ指導グレード6級を取得。
2003年より自宅にて個人ピアノ教室を始める。
2011年、長女が「脳幹部脳腫瘍」という難病を発症、2年間の闘病の末自宅にて看取り、親と子のコミュニケーションスキルを学ぶようになる。
2011年にチャイルドコーチングアドバイザー資格を取得した後、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー資格取得の他に、アサーショントレーニングを習得。
音楽ではコーチングピアノレッスンや、リズムノート・コーチング(リトミック)活動も行う。
また、小児難病支援の為のチャリティーコンサート、ボランティアコンサートなど毎年企画。

千の会』千葉・小児脳幹部グリオーマ家族会 会役員
病気で頑張っている子どもたちと親御さんたちに、少しでも笑顔と元気を届けられたら嬉しいです。

このページの先頭へ

大橋 翔

民族楽器(特に太鼓)即興演奏 / リズムコミュニケーション

20歳の旅の途中ネパールで太鼓に出逢い、習い始める。
以来、世界各地の太鼓や笛などを習い、声や踊りも交えて即興の表現をしている。
2009年より、アーサーハル氏によるドラムサークルの研修プログラムに度々参加して、リズムや音によるコミュニケーションや自己解放の可能性を探究している。

このページの先頭へ

清水 千佳

ワークショップデザイナー

清水 千佳

宮城県仙台市出身。
デザイン事務所・出版社勤務を経て、子ども支援NPOへ。児童館運営や託児事業のコーディネート等に関わり、事務局長を務める。
2009年からハート&アート空間ビーアイのスタッフとして、ワークショップの企画や展覧会をデザインし活動している。

アートミーツケア学会会員

このページの先頭へ

Satoko & Friends

シンガーソングライター

Satoko & Friends

Satoko  
大阪芸術大学音楽学科作曲専攻卒業。
大阪府堺市出身。東京都西東京市在住 。
2005年、突然に白血病と子宮頚がんの宣告を受け、絶望のなかで歌「宮古の風」がうまれてくる。
自身の音楽活動では作・編曲も担当しジャンルを問わず演奏している。
オリジナル曲とボサノバのギター弾き語りで全国で演奏活動を続けていくうちに短期間で圧倒的な回復を遂げた。
生命力溢れる歌声と美しいメロディ、関西人ならではの明るいキャラクターで、多くの人に感動と勇気を与え、「魂を揺さぶられる」「自然と元気になる」と評判になる。
これまでに「ミュージックコンベンションin宮古島」「リレーフォーライフジャパン」・「震災復興支援コンサート」等のチャリティコンサートの出演経験も豊富に。
2012年、音楽団体「カフェ フェリシダージ」を設立。
全国の病院や医療施設、学校、図書館、カフェ、寺院等、あらゆる場所に応じて、地元の人々と一緒に作る参加型ワークショップ&コンサートを展開中。
2015年6月、自ら社会問題に取り組む一人の市民として「新市民伝」(講談社エディトリアル刊)に活動が掲載される。
ピアニストとしても活躍中で、ブラジルの巨匠ギタリスト・ジョアンリラ来日公演に抜擢。2014年、2015年とツアーに参加。
これまでに3枚のCDを発売。

Satoko & Friends

かおり  
横浜市出身。
先天性の心臓病で生まれたため、自身もこれまでに数回の手術と入院生活をした経験を持つ。検査や手術といった痛い思いや、病院生活や日常生活での嬉しかったこと、悲しかったことや、両親や姉弟への感謝の思いは、自身の原体験となっている。
いつもこころの拠りどころとなっていたのは音楽であり、それは今でも変わらない。その音楽をみんなと一緒に楽しむことが、何よりも好き。

このページの先頭へ

佐久間 信語【SAKUMAN】

三味線奏者

高校時代よりバンドを組み、ボーカル&ギターを担当し、現在もバンド活動中。
2003年より年1回ペースで自ら企画運営を行う複合型音楽イベント「五縁」を主催する。
2006年より津軽三味線を始め、老人福祉施設や障害者施設の催し物などで演奏を行う。
2013年より盲目のギタリスト柴田俊也とギター&三味線デュオユニット「テクニカルフィンガーズ」を結成し、ライブバーやお祭りなどで演奏活動を開始。
過去2回に渡りアフリカはウガンダ、ケニアでエイズ孤児やスラム街の子供達へ日本伝統楽器の一つである津軽三味線の音色を届け、現地のアフリカンドラムやアフリカンダンスとのセッションを通じて、「言葉の壁を越えて音楽で一つなる」という貴重な体験をして音楽の無限の可能性を肌で感じる。
日本の小児病棟の子供達とアフリカのエイズ孤児院の子供達の架け橋となり、笑顔の国際交流活動が出来ればなと思っております。

このページの先頭へ

近藤 麻智子

アナウンサー/絵本セラピスト

2003年~札幌テレビアナウンサー、2009年~新潟総合テレビアナウンサー兼報道記者を経て、2011年~ニチエンプロダクションに所属。
アナウンサーとして活動する傍ら、小児病棟での絵本の読み合い活動を始める。
TOKYO MXでは、ニュースキャスターを務めながら絵本特集なども企画。

大人向けの絵本セラピーのワークショップ『絵本のち晴れ』主宰。
親子向けの絵本とヨガのワークショップ『絵本ヨガ』主宰。

・絵本セラピスト協会 絵本セラピスト
・NPO法人「絵本で子育て」センター 絵本講師
・国立青少年教育振興機構 絵本専門士委員会 絵本専門士

入院している子どもたちやそのご家族と、絵本を通して、笑顔いっぱいのあたたかな時間を過ごせますように。

このページの先頭へ

松川 敦子

笑いヨガ/ふれあいあそび/音楽あそび/パネルシアター/工作あそび/参加型あそび

1957年北海道三笠市生まれ。
保育士として勤務(2年)後、音楽教室講師として、自宅、幼稚園で活動。
現在は子育て支援、笑いヨガを各地で行っている。

このページの先頭へ

山本 道江

イラストレーター

LINEスタンプ作り、ユニクロ「UTme!」でのTシャツネット販売、カフェでのイラスト展示等イベント開催。

このページの先頭へ

松本ゆかり

リズム遊び/弾き歌い/贈り読み

札幌市在住
松本音楽教室主宰
ドラムサークルファシリテーター・ヘルスリズムスファシリテーターとしてリズムを使ったコミュニケーションをはかる。
乳幼児~大人まで、打楽器を使ったリズム遊びを展開中。
子供向け、親子向けコンサートを北海道内各地で行う。
また、企業の交通安全啓蒙活動の一環として、“JAFドレミぐるーぷ”の一員として札幌市近郊で、7年前よりコンサート活動を行っている。
生涯学習音楽指導員として、放課後子どもプランの音楽指導員として
アレンジや指導を行う。
絵本や紙芝居・物語の贈り読み、さらにその場で即興で音楽をつけての公演など、
多種にわたり音楽活動を展開中。

このページの先頭へ

あなたもSHJアーティストとして活動に参加しませんか?

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ